チャート分析7割!ファンダメンタルズ3割!

スポンサーリンク

隆太郎のFX ~為替手帳で生き残る~

チャート分析7割!ファンダメンタルズ3割!

こんにちは、隆太郎です。

GWは能登半島、石川県輪島市に来ています。本当に良いところです。天気が悪いと言われる北陸ですが、この3日間、素晴らしい快晴が続いています。来るときは『なぎさドライブウェイ』をドライブしてきました。昼間は『千枚田』を散歩して、眩しい太陽と青空を背景に小さな田んぼが連なっている様子をのんびりと眺めていました。(耕している人たちはそれはそれは一生懸命な様子でした。

輪島といえば今話題の朝ドラ連続テレビ小説の「まれ」の舞台・・・ということで、塩田をみてきました。思い出の詰まったがんじさんの塩田です。(ご覧の方にはわかっていただけますよね^^)

ryu-20150503-2

しっかりと能登の揚浜式塩田の塩をおみやげにゲットしてきました^^

さてさて、この2~3日は限りなくまったりした時間を過ごしておりますが、FXについての今週の動きはこんなかんじでした。
・FXの入門書を1冊読んでみました
・超基本的な分析の実践(したつもり!)
・デモ口座を開設(資金額300万円→デフォルト)

ひとまず何かを始めるときは本を読んでみる、というのがぼくのやり方です。たかが知識、されど知識。まずは文字を追いかけます。

取引の流れや買い方・売り方をざっと概観してまず感じたのは「思ったよりもテクニカル分析が大事なんだ!?」ということです。チャートの形や値動きから未来を予測すること、つまりローソク足を見てあれこれ考えることがテクニカル分析で、通貨のパワーバランス・ひいては各国の国力がどうなのかという巨大な世界情勢から値動きの方向性を捉えることがファンダメンタルズ分析だと理解しました。ぼくの勝手なイメージでは、完全にファンダメンタルズ分析=FXで、だからこそ億劫になっていたところもあったし、一日の大部分をそこに向けなければ手も足も出ないのだろうと思っていました。

ところが、入門書には「両方の分析が大事だが、ウェイトとしてはテクニカル分析」ということがはっきりと書かれていて、ネットをひいてみると少なくともテクニカル分析がかなり重要な位置を占めていることは間違いなさそうなのでした。

ぼくにとってこれは嬉しい誤算でした。色々な例外はあるにせよ、「こう動いたらこう動く」「この指標を使えばこういう事がわかる」といったように棒の動きと数字の動きで判断できるという事実、そして値動きの切り返しポイントを始め、この壮大な“ゲーム”の参加者を感じることが出来ることは、感覚的にFXと僕の心の距離を一気に縮めてくれました。うまくいえないけれど、僕はとにかく通貨の値動きというものは、世界情勢そのものの動きの副産物のようなもので、参加者の思惑などが影響するような代物では無いとく疎外感があったのです。

とはいえ、全世界単位で値動きを大きく左右するような人物や出来事の挙動の把握はこれからじっくりと学んでいきたいと思っています。

あと、大事なことを、もう一つ。

まずは、‘デモ口座’で取引することに決めました。

なぜかというと、「負けてもいいと言える資金の余裕が無いから」の一言なのですが、プロのトレーダーもまずはデモ口座でやることを薦めていたし、やはり本物のお金の方が本気にはなるというものの、いきなりではむしろお金を捨てるようでお金に対して失礼な気がしましたので。予行練習でミスって本番上手くいくなんてないですよね、きっと。

・・・ともあれ。

早速!

人生初の“テクニカル分析”をやってみました!

入門書を読んでいて、一番わかりやすかった&基本っぽいもの3つ!

①移動平均線からのゴールデンクロス&デッドクロス
②値頃感の把握のためのRSI
③トレンド把握のMACD

じゃん!!!
ryu-20150503-3

移動平均線を見てみると、確かにゴールデンクロスとデットクロスなるものが出現しています。(25日と75日でとってみました)MACDは、重なってしまっていて、よくわかりません。RSIは、なるほど、本で読んだ通りの雰囲気で線が浮かんでいます!

さてここで実際に取引をしてみよう!と思うのですが、定石通り考えると、2つの指標が矛盾した答えをはじき出している気がします。5月2日現在のところでみてみると
・移動平均線ではちょうど短期線(25日)が長期線(75日)を下から押し上げ、『ゴールデンクロスが出現するポイント』となっているので、【現時点で買い→OCO注文で利確&損切注文】をしたい(?)
・RSIでは75を上回っているので、『上がりすぎゾーン』ということになり、次の行動は【現時点で売り→OCO注文で利確&損切注文】をしたい(?)

・・・なんとな~く、下がる気がする笑

のです。

平均線は過去~現在への平均線である以上、少しテンポが遅れて値動きをなぞるのだろうし、このまま上がるにしても、もう一度118.7くらいまでは下がってきそうな気がします。3月26日から数えて4回ほどその付近まで落っこちて切り返しているから。

っということで、、現時点では【売り】に決定!
ここは、If Done + OCO注文で!!

どうだっ。
ryu-20150503-4

1ドル=120.24円になったら売りから入る!(30,000通貨)
それが成約し、読み通り118.7円くらいまで下がったら利確!下がらずに上がってしまったら120.75円で損切り。

・・・こういう指示のつもりです。

これだけやるのに、1本まるまる映画が見られるほどの時間を費やしております(あうち)

FX関連の本を読み進めつつ、ひとまずこれで結果を待ちたいと思います。次回はファンダメンタルズ分析的なところも少し織り交ぜられたらいいな~と思います。

それでは、かえるの鳴き声響く真夜中になりましたので、今回はこのへんで。

 

◎為替手帳からの一言
 この一週間で急激に知識が増えましたね。素晴らしい!この調子で頑張ってください。ただ、一つだけあえて厳しいことをお伝えしましょう。いま隆太郎が通っている道は、多くの投資家が通ってきた道でもあります。つまり相場を去って行ったほぼ全員が通った道でもあるのです。この世界、一寸先は闇です。そのことを忘れずに!

※当記事の内容は、執筆者の個人的な意見、見解であり、エイチスクエア株式会社としての見解ではありません。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケット・サマリー トランプ政権による米中貿易戦争は、米国の対中制裁関税第一弾に対する中国の…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 23日、3日続落、日経平均は窓をあけて小陰線、TOPIXは上ヒ…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 23日、3日続落。円の上昇と貿易摩擦への懸念が重石となり売り物…
  4. トランプがしゃべらないから相場は閑古鳥。そして疑心暗鬼、そして忘れた頃またしゃべる。財務長官が寝ぼけ…
  5. きょうの戦略$/¥=111.90円(7月23日) TSR : 111円90銭 本日の予想レンジ …
  6. トランプ砲が炸裂し、ドル売り相場となっている。今度は、ホワイトハウスとムニューシン財務長官が火消しに…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook