待てない利確。放っておけないチャート。うずうず。

スポンサーリンク

隆太郎のFX ~為替手帳で生き残る~

待てない利確。放っておけないチャート。うずうず。

こんにちは、隆太郎です。

「はやる気持ちを抑えきれず」

・・・そんな経験、そうそうあるものではないのだろうと思います。

思い出してみると、子供の頃はけっこうあったような気がしています。

①レジャープールの入場チケットを買った後で、もう入場できるのに、両親がのんびり歩いていることに妙にイライラしているとき
②欲しかったゲームソフトを買いに出かける玄関先の瞬間
③学校のスポーツテストでいい結果が出た後に、気になっている女の子にさり気なく自慢する方法を思いついてそれを実行する10秒前
④初めてのバイト代を銀行口座に確認しに行く時
⑤大型の注文を鮮やかな雰囲気で受注し、それを上司に報告する瞬間(滅多にないんですけど)

どうでしょう。同意頂けますでしょうか(笑)

・・・何が言いたいかといえば、「はやる気持ち」ってすごくスバラシイ気持ちなのではないかと、ぼくはそう思うのです。

ryu-20150516-1

■利確を待てない
さて、そんなサラリとした流れから「それかよ」思われてしまいそうなところに参りました。利確&損切りは必ず入れていますが、うまく動いてくれて利益が出ると、狙ったとこまで行ってないのに決済をしてしまいたい衝動に駆られます。

みなさんは、駆られませんか?

この、「はやる想い」に・・・笑

正直なところ、取引を初めてから狙った値まで待てた回数は『0回』です。狙った付近まで来て、思いの外下がって行きそうな感じだったので決済してよかった時もあったのですが、待っていても良かったこともありました。

チャートの動きがすすめばそれだけ状況も変わるので、判断は変わってくるというのも事実な気がしますが、落ち着いてじっくり考えた結論を信じ、反省するというサイクルが大事な気がしています。

ということで、来週からは『最初に決めた利確のラインを簡単に捨てない』というところを意識してみたいと思います。

■トレードを初めてから2週間の記録と結果
さて。

初の取引を5/4に行い、もうすぐ2週間が経とうとしています。

外為オンラインの本口座には今だに、ぼくのかわいい5万円がしっかりと入っています。
今日まで、FXに慣れ親しむために、デモ口座(スタートはデフォルトで300万円)でトレードをしてきました。

結果は、こんなかんじです。

ryu-20150516-2

プラス70万円!!

損切りを必ず入れることは自分のルールとしていました。
意に反して逆に動き、損切り設定にひっかかってしまうと面白くありませんが、損切りを入れておけば負けがコントロール出来ることが分かりました。(まだまだ数が不足しているに言い過ぎですが)
単純に、利確の幅より損切りの幅を小さく、例えば1/3くらいの幅にしておけば3回負けても1回勝てば取り戻せるわけですね。

大切なのは、目的。どうありたいか。

1回目で所信表明をしたとおり、「生き残る」のです。

とにかく、予想外の大負けをしないこと。回数がかさんだって、大丈夫。大事なのは、居座るために「負けてもOK!」の状態を維持すること。

現在の口座状況です。

ryu-20150516-3

■でも・・・「デモ」
真剣にやってはいるものの、やはり本物のお金でない分大きく賭けてしまいたくなりますし、冷静です。
「これで負けたらどうしよう」
という危機感が希薄なので自分でもよくわかります。

ということで

デモ口座は5月中で打ち切ります。

決して、勝てるという自信がついたわけでもないですが、あと2週間以上をバーチャルに取引したところで意味のない時間を過ごしてしまうことになりそうです。

■FXに向いているとは

チャート、気になりますよね。

「自分はこう考えた。だからこう判断した。」

その結果がでるわけです。チャートを眺め、利確と損切りのタイミングを見計らうこの高揚感。これをあえて肯定的にとりたい。
自分という人間存在の自己肯定かどうか。そんな深みにはまるまで議論を展開する意味はないかと。

しかし。

どれだけ自己一個から導き出された判断を信じ、「そのとおり」であったかなかったか、それの結果にどれくらい真剣になれるか。

つまり、予想通りの勝ち方が出来たか。そしてそこに、向上心を持てるか。

それが、ある特定の相手を観念することが出来ないFXを行う上での『腕前』や『素質』の指標となり得るのではないかと思います。

よく自分には何が向いているのだろうと考えているけれど、どう書きすすめれば良いかという迷いが極限に達したところで、この話はこれまでに。

■いまいちど。テクニカルとファンダメンタルズ
取引を初めてからのドル円の動きです。
(いまのところドル円しかやってません)

ryu-20150516-4

5/13に下がる前に売りで入れたこと、下がった後に買いで入れたこと(ここは、予想どおり底付近で入れました^^)がとても嬉しかったなあ~

少し話は変わりますが、前回の投稿に対する『◎為替手帳からの一言』で、ファンダメンタルズ分析で大きく稼ぐ取引とはどんな取引か?といった命題がひとつ提起されていました。
①一時的な動きで読み違えないために、長期的な動きを捉える
②重要な経済指標が発表されてすぐの大きな値動きを狙う

思いつくのはこの2つですが、改めて考えると、どちらも軽視することは出来ないし、かといって短い足の取引でいちいちそれを意識すると足踏みしてしまう気がします。
とりあえずは、ファンダメンタルズとテクニカルの重要度というのは度外視して、その時その時で考えられることを出来るだけ考えていくというスタイルで行こうと思います。つまり、何が重要だとかあれこれ考えない。

ただ、デイトレにしてもスウィングにしてもチャートの形は意識するのでしょうから、結果的にテクニカル分析の方にウェイトがあることになる気はします。

■本物のお金での取引に向けて
1月にいくら目安に儲けたいか?

それを、設定してみたいと思います。

先日の台風が過ぎて、蒸し暑くなりましたね。

今週末は、幕張にAir Raceを観に遊びに行ってきます!
日本開催ですよ!

ryu-20150516-5
Red Bull Air Race Chiba 2015

それでは、今回もありがとうございました。

◎為替手帳からの一言
隆太郎さん、いよいよリアルマネーの世界に入っていきますね。戦う相手は強いです。また、リアルマネーになると、プライスがあなたに与える印象、及ぼす変化も大きく違ってくるでしょう。山あり谷ありです。
それでも隆太郎さんもお書きの通り、「生き残る」ことを主眼にがんばってください。では、また次回!

※当記事の内容は、執筆者の個人的な意見、見解であり、エイチスクエア株式会社としての見解ではありません。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 先週の相場は、なんだかスッキリしませんでした。ドル円の戻りは想定していたのですが、思ったほど戻りませ…
  2. ユーロは、イタリアで下げたり上がったりで、現在は上げ続けている。あてにならないんだよね、ブレグジット…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 19日、大幅続落。日経平均が一時200日MAを割り込むも維持し…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 19日、続落。NYダウやドルの下落に振り回され一時大幅安となる…
  5. 世の中、ずいぶんときな臭くなってきた。米中は覇権争いに突入、ブレグジットは未だに結論を見ず、ヨーロッ…
  6. きょうの戦略$/¥=112.34円(10月19日) TSR : 112円34銭 本日の予想レンジ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook