仮想通貨相場情報の捉え方

スポンサーリンク

 一般に仮想通貨の購入者にとって、”情報“は先行きの価格変動を探る上できわめて重要な役割を担っていることは言うまでもない。しかし、常に”情報”に振り回されて手痛い思いのすることの多い参加者にとっては両刃の剣である。

 そこで今回はいわゆる価格に影響を与える”情報“について考えてみたい。”情報”には、一時的に影響を受けるものと長期に影響を与えるものがあり、まずは、どちらであるか見極めなければならない。情報の種類には大きく以下のようなものがある。

第一に、各国公的機関が仮想通貨を扱う業者に関して、新たな規制や緩和を発表した時。

第二に、有力な大手金融機関などが取引所開設などで、新たに参入すると云うニュース。

第三に、金融界やIT界の権威者と云われる人たちの評価や将来性に関するコメント。

 これらは一般にマスコミのニュースに出るが、情報をキャッチした時点で、その時の相場が、既に市場にどのくらい織り込まれているかを推定することが重要である。なぜなら市場が成熟するにつれ、レートの動きは上げも下げも一直線でなく、ジグザクに動くからである。故に買いと思われる情報が流れた場合、遅れたタイミングで購入すると高値をつかむ可能性が高い。遅れて情報を得たと自覚した時は、上昇が止まって約15-25%反落した時点で購入すべきである。発表直後は素早い投資家が買い上げるが必ずオーバーシュートし、トレンドはさらなる上昇が見込める場合でも、一旦反落する傾向があるからである。

 下がるニュース、例えば不祥事、もしくは規制強化の場合でも、同じようにオーバーシュートして、そこから25-35%ぐらい反騰するものである。これが全ての変動する相場の特徴的動きと云えよう。出来れば日頃ネットをウオッチしマスコミ発表前に情報を収集し、決断、購入がベストである。

新聞紙上に大見出しで、さらに上がる、下がる、と出たときは、相場のトレンドはほぼピークを迎えたと見てよい。通常この場合大口の参加者の仕込みが終わって、彼らが情報操作のために煽っている可能性が高いからだ。この公けのニュースに反応しがちなのは、情報震源地から一般に一番遠い我々小口投資家だけであり、結局最高値、最安値を掴まされる
筋書きとなるケースが多々ある。

 なかでも、著名アナリストや評論家の相場動向のコメントや執筆記事。これが曲者である。「曲がり屋に向かえ!」という格言があるが、アナリストは前回書いた予想が完璧に外れても、全く正反対の予想を出すことは心理的に出来ない傾向がある。常にその評論家が前回どうゆうコメントを出したかチェックするべきである。

 ウオーレン・バッフェット氏が「仮想通貨は詐欺的な存在だ。」とこの5月にコメントした時は10%近く下がった事があった。しかし、このように外部の相場師の発言は、一時的に収まるとみるべきである。著名人の評論家の発言は、その発言に隠れている意図を見抜いて判断しなければならない。

 このように‘情報‘はその入手した時点において、市場がどの程度織り込んでいるかを推定する作業が不可欠である。さらに下がるファクターの‘情報‘を入手したからといって単純に売ると底値をつかまされる危険も多々ある。一般に相場の仲間の意見が一致したときは、自らを制御して静観するか、勇気を持って逆張りを敢行すべきである。大損をする時はたいがい強い間違った相場観に固執する時である。
  
 「人の行く裏に道あり花の山」の格言はしばしば有効である。また最後に、突発的なニュースの場合は、自分が入手した時に、どのくらい遅れてキャッチしたか、冷静に見極め、直ちにカットするか、さらなる下げを見越した場合でも、三分の一戻しでカットする決断が求められることもある。自分の意見に固執せず、フレキシブルな対応が不可欠だ。

記載内容は、(株)日本トーマスモアコンサルティング社が独自に作成したもので無断転載は禁ぜられています。
記載内容は投資判断の参考となる情報の提供を目的として作成されたもので、投資誘導を目的としたものではございません。通貨の選択、投資時期の最終決定は御自身の判断でなさるようにお願いたします。また、このレポートに関する解説者本人へのお問い合わせはお受け致しかねますのでご了承下さい。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週は、トルコに始まり、米中関係の緊張緩和で終わりました。 昨日は、終盤にハセット米大統領経済…
  2. ドル円は煮詰まり感があると思ったのだが、攻めきれず、というところ。ダウは上げているが、ナスは下げてい…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 17日、5日MAを上回って終え、TOPIXは小陽線、日経平均は…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 17日、3日ぶりの反発。NYダウの大幅高を好感するも商いは大幅…
  5. 今週の為替相場は、値幅的には小さかったが、ユーロドル、ポンドドル、オージードルが年初来安値を更新し、…
  6. きょうの戦略$/¥=110.75円(8月17日) TSR : 110円75銭 本日の予想レンジ …

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook