6月9日のアマゾン株のフラッシュ・クラッシュと相場展望

スポンサーリンク
20170616amazon-905x509

小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

6月9日の午後、米国市場ではアマゾンの株価が急落し、一時的に前日比8%を越す下落がありました。その後株価は持ち直しましたが、週明けの12日の米国市場でもアマゾンは下落し、8日の終値から約4.5%の下落となりました。時を同じくしてエヌビディア、アップル、アルファベットなど米国株を牽引してきたハイテク関連株も下落しています。本稿では9日に起きたアマゾンの株価急落とハイテク関連株の下落を検証し、今後の見通しについて紹介しています。

アマゾンの急落は“Fat Finger”なのか?

図1は8日から12日にかけてのアマゾンの株価推移(10分足)です。9日に不自然に急落していることが分かります。現地時間の9日の朝方に1,000ドルを超えていた株価が、午後2時50分には930ドルを割り込み、その直後に970ドル前後に戻っています。この下落について米国株式市場の関係者からは“Fat Finger”ではないか?という指摘がありました。“Fat Finger”(ファット・フィンガー)とは誤発注のことを言います。指が太っているとキーボードの別のキーを間違って押してしまう、ということに由来しているようです。つまり、アマゾンの急落は誤発注ではないか、という指摘です。
20170616amazon

仮に誤発注だったとしても図1を見るとアマゾンの株価は朝から下げていますので、売りが優勢だったことには変わりはありません。9日はアマゾン以外にもアップル(約-3.9%)、テスラ(約-3.4%)、フェイスブック(約-3.3%)、アルファベット(約-3.4%)といった米国の主要ハイテク関連株も大きく下落しており、ナスダック総合指数もダウ平均が約0.4%高だったにも関わらず、約1.8%安となっていました。

半導体関連株も売られてたが、金融株は強かった

ナスダック上場銘柄のうち、比較的時価総額の大きい銘柄に注目すると、9日に下落が目立っていたのはエヌビディア(約-6.5%)、半導体製造工程における検査・計測装置のKLAテンコール(約-6.4%)、クラウドコンピューティングなどのシトリックスシステムズ(約-5.9%)、半導体大手のマイクロンテクノロジー(約-5.7%)、半導体製造装置大手のアプライドマテリアルズ(約-5.7%)などです。半導体の相場自体は大きく崩れたということはありませんでしたが、半導体関連株の下げが目立っていたのが特異的です。

一方で金融株、例えばJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなどはハイテク関連株、半導体関連株の大幅な下落にも関わらず9日に上昇しています。金融株は5月まで下落基調が続いており、ダウ平均の上昇に対して出遅れていたセクターです。

以上をまとめて考えると、大きく上昇していたセクターを売り、出遅れていたセクターを買うというセクターローテーションの動きだったと考えることができそうです。
20170616kabuka-1

今後の見通しと投資戦略

9日のハイテク関連株などの下落が単なるセクターローテーションの動きであるという前提であれば、これがハイテク関連株への押し目となり、再びハイテク関連株などに資金が向かって長期的な上昇トレンドを形成する可能性があります。この見通しを前提とするなら、次のハイテク関連株を対象原資産とするコール型eワラントを数カ月保有することを考えます。国内株ですとソフトバンクGも加えることができるでしょう。ソフトバンクGはアリババグループHDやエヌビディアに出資しているためです。

<参考銘柄>
アップル コール79回
アマゾン コール69回
アルファベット コール83回
エヌビディア コール3回
フェイスブック コール52回
テスラ コール53回
アリババグループHD コール32回
ソフトバンクG コール404回

一方で、セクターローテーションの動きにしては荒っぽい値動きであったことや、14日に予定されていたFOMCで追加利上げが見込まれていたことから、今回の動きは単なるセクターローテーションの動きに留まらず、株式を売って債券を買うという投資家の資産配分変更の前兆と解釈することもできそうです。この見通しを前提とするなら、株式市場全体に対して下落圧力がかかると考えられますので、指数のプットが投資対象候補となるでしょう。

<参考銘柄>
ダウ平均 プット313回
日経平均 プット793回
韓国200種指数 プット218回

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. fuku-20160810-b
    マーケットコメント-マーケット情報 17日、円高に振れるも小動き閑散となるなか小幅続落で終了 …
  2. fuku-20170427-a
    きょうの戦略$/¥=110.45(8月17日) TSR : 110円45銭 本日の予想レンジ :…
  3. fuku-20170614-b
    マーケットコメント-テクニカル分析 16日、小動き閑散となるなか、両指数ともに5日MAを上回って終…
  4. 932d7f0c3a710d87fc80129af15cf7b5_s
    マーケットコメント-マーケット情報 16日、地政学リスクへの警戒が続き、ドル高には反応薄となり小動…
  5. ea328ca84b07c6e975cce355007d876c_s
    8月って時々大相場を出すのだけど、今年はミサイル花火の打ち上げ大会で終わってしまいそうだ。ユーロは、…
  6. fuku-20170419-b
    やっぱりという感じの米指標。悪いと悪いものばかり連発。良ければ良いものばかり連発。ドル騰勢となったが…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. スマートレーダー福永さん
    forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…
  2. FXプライムbyGMOボリ平セミナー
    先日6月7日(水)に行われたFXプライムbyGMOのボリ平セミナー、現在オンデマンド配信中。 FX…

エイチスクエア書籍

  1. sample00-nb-s

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2017 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2017 株式手帳 20…
  2. %e7%82%ba%e6%9b%bf%e6%89%8b%e5%b8%b3%e8%a1%a8%e7%b4%99%e9%80%a3%e7%b5%90

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2017 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2017 為替手帳 ■為替相場歴41…
  3. MU_sample_01

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編-

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編- 好評発売中! ■主要テ…
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook