不振の米国自動車販売、トラック市場にも黄色信号?

スポンサーリンク

小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

8月1日に発表された7月の米国の新車販売台数は季節調整済み年率換算で1,677万台となり、前年同月比で5.9%の減少となりました。今年3月から新車販売台数の落ち込みが目立っています。自動車各社による販売奨励策によって下げ止まったようにも見えますが、販売台数の回復には至ってません。
20170804car

内訳を見てみると、乗用車の販売減少傾向が続いており、5月、6月、7月と前年同月比で1割ほどの減少が続いています。自動車会社の販売を支えていたのはトラック市場でしたが、好調なトラック販売にも黄色信号が灯ったようです。5月は前年同月比で3.8%の増加、6月は7.3%の増加でしたが、7月は1.6%の減少となったのです。

会社別に見ると、米国の大手3社、いわゆるビッグスリーのGM、フォード、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の不振が目立ちます。7月の前年同月比を見てみると、GMは乗用車が3割ほどの減少、トラックが1割ほどの減少、フォードは乗用車が2割ほどの減少、トラックは小幅な減少、FCAは乗用車が17.7%の減少、トラックが1割ほどの減少となっています。

日本のメーカーではトヨタが乗用車で1割ほどの減少でしたが、トラックが17.4%の増加となり、販売奨励策が功を奏しビッグスリーからシェアを奪ったものと思われます。ホンダは乗用車が微増、トラックが微減、日産は乗用車が1割ほどの減少でしたがトラックが微増でした。

長期的な視点で過去を振り返ると新車販売台数がピークアウトすると株価もピークアウトする傾向がありましたので、今後に関しては好調を維持していたトラック販売の動向に注目です。販売奨励金によるシェア争いが過熱すると自動車各社の販売コストの増加から利益率の低下が懸念されますので、自動車株の上値が重い展開は続くかもしれません。

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. きょうの戦略$/¥=107.15(2月23日) TSR : 107円15銭 本日の予想レンジ :…
  2. 相場は戻してレンジ内に入り込んでいるが昨日もニューヨーク後場に強烈なドル買いが出現したので夜中でも断…
  3. 徐々にドルの戻りが鈍くなってきた。ドル円も、106円台半ばまで落ちてきた。その後、107円前後まで戻…
  4. マーケットコメント-テクニカル分析 22日、日経平均、TOPIXともに5日移動平均線を下回って終了…
  5. マーケットコメント-マーケット情報 22日、大幅安。NYダウの続落やドル高一服の反動で、一時300…
  6. きょうの戦略$/¥=107.58(2月22日) TSR : 107円58銭 本日の予想レンジ :…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
  3. 理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編-

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編- 好評発売中! ■主要テ…
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook