TOPIX Core30の犬戦略の効果

スポンサーリンク

土居雅紹のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

TOPIX Core30の犬戦略の効果 (2015/04/13)

 米国株への投資戦略に“ダウの犬”戦略と呼ばれるものがあります。これは1年に1回程度ダウ工業株30種平均(NYダウ)を構成する30銘柄を配当利回りの高い順に並べ、上位10銘柄に機械的に投資するというものです。

 この戦略の背景には、“米国を代表する銘柄としてNYダウの30銘柄に選ばれているのだから事業内容はしっかりしているはず。配当をしっかり払っていて、配当利回りが高いなら相対的に割安な状態にあり、いずれ株価も上昇するはず”という考え方があります。

“コア30の犬”戦略

 まず、全30銘柄の直近の実績配当を調べ、それを計測時点の株価で割って配当利回りを計算します。予想配当率で計算するのが望ましいのですが、過去に遡ってどの時点の配当を用いるか検証しにくいので、直前の配当が翌期も支払われるものとして試算します。なお、2012年初における関西電力のように翌期の配当減がかなりの確率で予見されていた場合にはできるだけ反映するものとします。

 銘柄を入れ替える時期については、日本企業は現時点では3月決算が多いので、前期の決算と配当金額が固まる5月末頃がよさそうです。そこで、2012年5月末から2014年5月末の3年間の5月末にコア30を構成していた銘柄の配当利回りを計算し、高い方から10銘柄及び5銘柄に投資したものとしてその後の1年間のパフォーマンスを試算しました(図表1、2015年は4月8日まで、配当を除いた株価リターンで比較)。

20150413-1

 結果は、相場が大きく上昇した時はTOPIXや日経平均の方が良く、相場が動かなかった2013年5月から2014年5月のような局面では、配当利回りに裏打ちされた堅実な銘柄といえる“コア30の犬”戦略が良い結果となったようです。

 なお、上位10銘柄と5銘柄では、わずかながら常に5銘柄の方が好結果となっていました。5銘柄で済むなら、投資コストも投資に必要な金額も少なくなるのでそれにこしたことはありません。であれば、本家の米国株でのダウの犬戦略では上位10銘柄となっていますが、日本株でのコア30の犬戦略では上位5銘柄とした方がよさそうです。

構成銘柄と現時点の“コア30の犬”銘柄

 図表2は直近3年の“コア30の犬”の構成銘柄と、2015年4月8日時点の“コア30の犬”銘柄です。KDDI、三井物産、NTTドコモが毎年入っている“皆勤”銘柄、キヤノンとみずほFG、武田薬品がそれに準ずる常連銘柄で、配当利回りが高い銘柄といえます。

20150413-2

 ここでも大安の日の方がそれ以外の日よりも大きく動いているように見えます。特に取引開始時の株価(始値)と取引終了時の株価(終値)の変動率の絶対値と、1日の最高値と最安値の変動率では、大安の日の変化が他の日よりもかなり大きいようです。ただし、これが統計的に有意といえるかを調べてみた結果は、前日比よりも関係はありそうなことは分かったのですが、有意といえるほどではありませんでした。

平均値が偶然の大イベントに引っ張られたのか、大安に大イベントが重なるのか?

 本来のダウの犬戦略の趣旨を考えれば、定性的に選ばれた指数を母集団とするのが理想的です。このため、日経平均に採用されている225銘柄のうち、構成比率順に50銘柄程度選出し、上記と同様の手順で「50銘柄の犬」戦略にしたり、「eワラント原資産に採用されている日本株の犬」戦略にしたりするバリエーションができそうです。
また、日本株全体がこれから何年にも亘って30%や50%も上昇し続けることは、日本経済の潜在成長率から考えて容易ではないと思われます。そうであれば、緩やかな相場変動下に強そうな“コア30の犬”をそのまま用いて5銘柄に集中投資する手法も一案と思われます。この場合、図表2のような主要銘柄であればeワラントが存在するので、まずは権利行使価格が低くて満期が長い(レバレッジが低い)コール5銘柄を少額で保有することも効果的と思われます(eワラントは配当は受取れませんが、予想配当金が価格算出に用いられ、その分コールの価格が安くなっています)。
20150330-3

これを見ると、「東日本大震災翌週初の取引日」や「バーナンキショックの翌日」といった大安であることとは関係なさそうなイベントがある一方、「日銀の異次元緩和発表の翌々営業日」、「GPIFの日本株比率引き上げ発表日」といったように、もしかしたら大安が意思決定者の行動などに影響していた可能性も捨てきれないケースもありました。

ただ、仮に大安の日の値動きが0.06%大きいとしても、TOPIXを1550ポイントとして0.93ポイント、1000円の株にしてみれば60銭だけです。それも上下どちらに動くかは分からないとなると通常の投資手法では投資機会に活かし難いように思われます。

なお、この場合でも、eワラントのレバレッジと値動き特性を活かせば、直前まで一本調子に上昇している時なら大安の前日に日経平均やTOPIXのプットを仕込んでおく、しばらくボックス圏にあるなら大安前日に日経平均ニアピンの両端待ち、長らく底這い状況なら日経平均かTOPIXのレバレッジの大きなコールを少額だけ仕込むといった手法を試すこともできます。

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)
eワラント証券 チーフ・オペレーティング・オフィサー 土居雅紹(どい まさつぐ)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. TSR : 113円50銭 本日の予想レンジ : 113円00銭-114円00銭 前日の実績レン…
  2. さすがにきょうは動かないですね。RBNZの新総裁決定を受けて、キーウィとオージーが上昇しているが、そ…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、TOPIXは4日続伸となるも日経平均は抵抗線に押し返さ…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 12日、まちまち。日経平均は4日ぶりの反落、TOPIXは4日続…
  5. きょうの戦略$/¥=113.47(12月12日) TSR : 113円47銭 本日の…
  6. マーケット・サマリー 今週は週中に米FOMCの利上げ発表が予定されている。子では数ヶ月前から言われ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
  2. 理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編-

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編- 好評発売中! ■主要テ…
  3. FXに真摯に向き合う人のための取引専用ノートができました TRADING NOTE 玉帖

    FXに真摯に向き合う人のための取引専用ノートができました TRADING NOTE 玉帖 ■為…
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook