日米欧の中央銀行の資産状況と株価

スポンサーリンク

小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

一般に中央銀行による資産買い入れ、いわゆる量的緩和政策は株式相場においては買いの材料と言えます。株価が歴史的な高水準にあるのは量的緩和政策のおかげといえるでしょう。その一方で米国の中央銀行に当たる連邦準備制度(Fed)は保有資産の縮小しつつあり、量的緩和政策からの脱却を徐々に進めています。また、欧州中央銀行(ECB)も続けてきた資産買い入れを今年から減額する方針を示しており、9月には終了する予定です。

図1はFed、日銀、ECBの資産残高を円換算して比較したものです。2018年1月時点でFedが約485兆円、日銀が約529兆円、ECBが約609兆円、合計約1,619兆円という規模です。なお、FedとECBの資産額は上下に振れていますが、これは為替レートの変動によるものです。Fedの資産残高の減少が顕著ですが、米ドルベースでも11月、12月、1月と3ヵ月連続で減少しています。ECBは2017年以降のユーロ高の影響で円換算ベースの資産が増えています。

日米欧の中央銀行の資産残高の合計と日経平均株価の関係を見たのが図2です。まさに「緩和は買い」ということが分かるかと思います。詳細は割愛しますが、筆者の分析では、資産合計額が小さいと日経平均株価の水準は低く、資産合計額が大きいと日経平均株価の水準が高くなるという関係性が見られます。と言うことは、量的緩和が終了し、資産額が増えなくなると株価の上値は重くなることが予想され、さらに資産額が減少に向かうと株価は下落していくことが予想されます。日米欧の中央銀行で唯一緩和継続スタンスを継続しているのは日銀です。今年の日銀の金融政策の動向には注意が必要でしょう。

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 14日にドル円が、NYクローズで112円台に乗せたが、その後は、亀の歩みだ。値幅が出ない。2カ月弱も…
  2. きょうの戦略$/¥=112.32円(9月21日) TSR : 112円32銭 本日の予想レンジ …
  3. ポンドが火種になって荒れた。11月までずっと成功だ、失敗だ、ということで乱高下しそう。ユーロはレンジ…
  4. ドル円がじりじりと112.60まで上げてきた。値幅は、相変わらず出ていないが、112円が支持になって…
  5. マーケットコメント-マーケット情報 20日、日経平均、TOPIXともに上ヒゲ陰線を形成して終了 …
  6. マーケットコメント-マーケット情報 20日、午後にマイナスに転じるもかろうじて持ち直し、5日続伸で…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook