株式市場は政策の不確実性を織り込みはじめた?

スポンサーリンク

小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

トランプ政権は発足当初からその政策の不確実性は指摘されているところですが、最近ではトランプ大統領がどんな発言をしても以前ほど大きく騒がれなくなった印象があります。経済政策の不確実性を指数化した経済政策不確実性指数(Economic Policy Uncertainty Index)という指数で見てもトランプ政権が発足した2017年1月にピークをつけてから不確実性は低下傾向にあります。

経済政策不確実性指数とは、主要な新聞から経済政策の不確実性に関する記事の数などから経済政策の不確実性を測定したものです。

経済政策の不確実性が増すと株式市場の変動が大きくなる傾向があり、市場に織り込まれている株式市場の変動を見るのにVIX(ヴィックス)という指数があります。VIX(ヴィックス)とは、シカゴ・オプション取引所がS&P500指数を対象とするオプション価格をもとに算出している予想変動率(ボラティリティ)に関する指数です。

さて、図にあるように過去においては経済政策不確実性指数とVIXの上昇がほぼ同時期に起きていましたが、トランプ政権発足時には経済政策不確実性指数とVIXに乖離が見られ、株式市場には不確実性が織り込まれていないようでした。しかし、今年に入り、VIXは上昇傾向にあり、この乖離は埋まるかもしれません。最近では、トランプ政権のティラーソン国務長官が31日に辞任する予定であり、米国家経済会議院長を務めたコーン氏が政権を離れるなど、米国の政策に対する不確実性は以前より増していると考えられますので、VIXは上下変動を繰り返しながら、水準としては上昇していく可能性があると思われます。

VIXは株式市場の下落時に上昇する傾向があることから恐怖指数と呼ばれており、VIXが水準を切り上げていくとすると、今後は株式市場の乱高下が起こりやすくなるかもしれません。

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

※本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 値動きが相変わらず悪いね。理事会後のドラギ総裁の会見は、最近の中では、弱気な内容だったが、相場はあま…
  2. ドラギでも相場変動なし。今年のドラギでユーロは、1度だけ○。後は全て●となりそう(引けがどうなるかわ…
  3. きょうの戦略$/¥=113.35円(12月13日) TSR : 113円35銭 本日の予想レンジ…
  4. メイ首相が不信任投票が行われることになった。投票は、12日のGMT6PM~8PM(日本時間13日午前…
  5. イギリス、フランス、イタリアとゴチャゴチャいろいろ。と言ってもフランスやイタリアの事はさして注目され…
  6. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、大幅反発。日経平均、TOPIXともに下向きの-2σや5…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  2. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook