米国の景況感はピークアウトしたのか?

スポンサーリンク

小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

今週19日の朝方、トランプ米大統領の中国製品に対する2,000億ドルの追加関税発言をきっかけに世界の株式市場は大きく下落しました。中国も対抗する構えを見せており、世界的な貿易摩擦に対する懸念が大きくなりつつあります。

景気の先行指数として注目されているものの1つにISM(米サプライマネジメント協会)が発表しているPMIがあります。PMIは景況感指数とも言われており、直近のISM製造業PMIやISM非製造業PMIの動きを見ると、トランプ米政権による貿易摩擦への懸念なのか、景況感は悪化しつつあるのかもしれません。

■PMIと株価
ISM製造業PMIは製造業の購買担当者、ISM非製造業PMIは非製造業の購買担当者に対するアンケートを集計したもので、50を超えていれば景気の拡大、50を下回ると景気の減速を示すとされています。このことからこれらのPMIは景気の先行指数とされています。

図1はPMIとNYダウ平均株価の関係を比較したものですが、近年は米国でも産業構造の転換が進んでいることから、製造業PMIよりも非製造業PMIを重視すべきという考え方もあります。そこで図1のPMIは製造業PMIと非製造業PMIの平均値をとり、更にそのトレンドを見るためにその平均値の移動平均も載せています。PMIが上昇傾向にあるときは株価も上昇傾向にあり、PMIが低下傾向にあるときは株価の上値も重くなっています。過去20年間を振り返るとPMIは30から60ほどのレンジ内にあることが分かります。

■景況感はピークアウトしたのか?
図2は直近2年の状況です。PMIは毎月上下にブレていますが、トレンドを見ると今年に入ってから上昇トレンドから横ばいに変化しており、景況感はピークアウトしたのかもしれません。株価もPMIと同様に景気の先行指標とされることから、景況感のピークアウトとともに株価もピークアウトしたのかもしれず、今後発表されるPMIに株価は敏感に反応するかもしれません。

■ボラティリティとの関係
景況感との関係で興味深いのはボラティリティ(価格変動の大きさ)との関係です。図3はPMIとNYダウ平均株価のボラティリティの関係を示したものです。ここではNYダウ平均株価の過去の価格変動を元に計算したヒストリカルボラティリティを載せています。

PMIとボラティリティは逆の動きをしています。つまり、景況感が良くなると株価変動が落ち着き、景況感が悪くなると株価変動が大きくなる傾向にあったということです。昨年のボラティリティは歴史的な低水準で推移していましたが今年に入ってからは上昇傾向にあります。PMIが低下傾向に転じるとするとボラティリティは一段と上昇していくかもしれません。

トランプ米大統領の通商政策を巡る発言は世界各国の反発を招いていますが、貿易摩擦がどこまで発展するかは不透明な状況です。企業としては製造・開発拠点を変えるべきなのか、変えるとすればどの国に置くのが良いのかなど、海外の設備投資計画が立てにくいなどといった弊害が生じているかもしれません。今年に入ってからの景況感の悪化は米国の通商政策の不透明感が一因かもしれず、今後の株安やボラティリティの上昇に注意が必要かもしれません。

投資戦略としては株安とボラティリティ上昇の両面の恩恵を期待できるプット型eワラントやプットオプションの買いを検討します。タイミングとしては毎月のISM製造業PMI及びISM非製造業PMIの発表日などが狙い目かもしれません。

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

* 本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. トランプ砲が炸裂し、ドル売り相場となっている。今度は、ホワイトハウスとムニューシン財務長官が火消しに…
  2. 暑さが厳しい折ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 為替市場は、ドル円がレンジからよう…
  3. きょうの雑感も、きのうラジオ日経さん向けに書いたものに加筆したものです。以下本文。 トランプさ…
  4. トランプ爆弾炸裂って感じでしたね。欧州の関係者が先日、貿易の紛争は結局、最後は通貨戦争になると述べて…
  5. マーケットコメント-テクニカル分析 20日、続落。上下にヒゲを形成し、実体の狭い陰線を形成して終了…
  6. マーケットコメント-マーケット情報 20日、続落。人民元安がきっかけとなり一時大幅安となるも下げ渋…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook