ヒンデンブルオーメンの点灯メカニズム(2019年5月版)

スポンサーリンク

小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

ヒンデンブルグオーメンは米国市場の株価急落を予兆するシグナルです。最近では5月10日(日本時間)に点灯し、その後の相場下落の前兆となっていたと言えるでしょう。以前にもヒンデンブルグオーメンの点灯メカニズムについて解説していますが、今回、昨年9月25日以来の点灯となりましたので、「ヒンデンブルグオーメンを初めて聞いた」という方のためにヒンデンブルグオーメンの点灯メカニズムについて解説します。

ヒンデンブルグオーメンとは?

ヒンデンブルグオーメンはテクニカル指標の一種で、eワラント証券投資情報室ではニューヨーク証券取引所上場銘柄を用いてヒンデンブルグオーメンを毎営業日更新して公開しています。

具体的には次の4条件を満たすと点灯となります。なお、この4条件についてはどの株式市場を用いるか、判定のしきい値にどの値を用いるかによってシグナル点灯の有無は異なりますが、eワラント証券投資情報室では株式投資に対する総合的な有意性から独自に定義しています。

条件1:ニューヨーク証券取引所(NYSE)での高値更新銘柄と安値更新銘柄の数が共にその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.2%以上

条件2:NYSE総合指数の値が50営業日前を上回っている

条件3:短期的な騰勢を示すマクラレンオシレーターの値がマイナス

条件4:高値更新銘柄数が安値更新銘柄数の2倍を超えない

図1はヒンデンブルグオーメンの点灯開始日とNYダウ平均株価の推移です。条件2にあるように株価が高値圏にあるときに点灯するので、昨年10月までのように株価が上昇トレンドにあるときには頻繁に点灯していることが分かります。また、点灯後の下落については、直近1年ほどでは短期的なものにとどまっていました。

ヒンデンブルグオーメンをブレイクダウン

ヒンデンブルグオーメン点灯の各条件について、過去1年間の動きを見ていったのが図2~図5です。これを見ていくことで、どのようなときにヒンデンブルグオーメンが点灯するのか、ヒンデンブルグオーメンの点灯が何を意味しているのか理解できると思われます。

図2は「条件1:ニューヨーク証券取引所(NYSE)での高値更新銘柄と安値更新銘柄の数が共にその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.2%以上」についてです。新高値銘柄数と新安値銘柄数が共に条件になっており、高値更新銘柄しかない総強気の局面や安値更新銘柄しかない総弱気の局面よりも相場の転換点で条件を満たすものと思われます。

図3は「条件2:NYSE総合指数の値が50営業日前を上回っている」についてです。終値で50営業日と比較して1.00を超えていれば条件2を満たすことになります。株式市場が高値圏にないとヒンデンブルグオーメンは点灯しないことになります。

図4は「条件3:短期的な騰勢を示すマクラレンオシレーターの値がマイナス」についてです。マクラレンオシレーターの式は複雑なので本稿では詳細を割愛しますが、解釈としてマクラレンオシレーターがプラスであれば上昇トレンド、マイナスであれば下落トレンドと言えます。なお、eワラント証券投資情報室で公開しているヒンデンブルグオーメンは一度点灯すると、条件3が満たされている限り、他の3つの条件が満たされていなくても継続点灯中としています。

図5は「条件4:高値更新銘柄数が安値更新銘柄数の2倍を超えない」についてです。新高値銘柄数と新安値銘柄数の比較であり、新高値銘柄数が多ければ相場が強く、新安値銘柄数が多ければ相場が弱いということになります。条件4は新高値銘柄数が減って新安値銘柄数が増えてきたことを示すものになります。

ヒンデンブルグオーメンの特徴

ヒンデンブルグオーメンはその独特の名前から神秘的な印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ざっくり解釈すると相場の方向感に高値更新銘柄数と安値更新銘柄数から相場の強弱感を加えたものです。例えばNYダウ平均は30銘柄で構成されているので、株価指数だけを見ると株式市場で起きている状況の変化に気づかないかもしれませんが、ヒンデンブルグオーメンは相場の変化を気づかせてくれる道具と言えるでしょう。

また、条件2にあるように株価が高値圏にあるときに点灯するので、下落が続いていると点灯しないことになります。したがって「ヒンデンブルグオーメンが点灯していないから買い」とはならないことに注意が必要です。ヒンデンブルグオーメンは上昇トレンドにおける急落サインとして活用する一方で、投資においては、ヒンデンブルグオーメンだけで投資判断はせず、相場のトレンドを把握して臨むことが大切なことと思われます。

(eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎)

* 本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週もトランプ砲やら正体不明(私が知らないだけですが)の円売りやら、ろいろありました。正体不明の円売…
  2. ドイツが財政支出を検討とか、財政均衡放棄みたいな話が出てから、独債金利が回復し、ユーロも反発に転じた…
  3. マーケットコメント-マーケットコメント 16日、小反発。日経平均は2月8日の水準をサポートに上ヒゲ…
  4. マーケットコメント-マーケットコメント 16日、小動き閑散で方向感の無い値動きとなるなか小幅反発で…
  5. ようやくユーロが下がってきた。ユーロポンドにも変調がうかがえる。そして、レーン・フィンランド銀行(中…
  6. きょうの戦略$/¥=106.15(8月16日) TSR :  106円15銭 本日の予想レンジ …

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook