消費増税まであと少し!キャッシュレス銘柄に再注目

スポンサーリンク

多田幸大氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

10月1日に消費税の引き上げ(8%→10%)が予定されています。報道各社のニュースでも残り1カ月を切った消費増税に関する話題が取り上げられていますが、2014年4月の増税(5%→8%)時と比べて、駆け込み需要の増加を報じるニュースは少ないように感じます。

その要因として考えられるのは、軽減税率の設定により食料品に関して、まとめ買いの緊急性が高まっていないことに加え、増税対策として導入予定のポイント還元制度への期待感も挙げられるかもしれません。

今さら聞けない「キャッシュレス」とは

ポイント還元制度とは、商品・サービスの購入などの際にキャッシュレスで行った決済に対して、支払い金額の最大5%分のポイントを消費者に付与する制度です。還元率は中小事業者での購入で5%、コンビニなど大手事業者のチェーン店で2%となります。ポイント還元にはキャッシュレスの決済が必要となるため、今後国内でキャッシュレスでの支払いが増加する可能性があります。

一口にキャッシュレスと言っても、その方法は様々で、以下のようなものが挙げられます。

・ 電子マネー/プリペイドカード
様々な会社が独自に発行している電子的なお金で、主にスーパー、コンビニ、改札機でタッチしてお金を払える。カードタイプのほかに、携帯電話やスマートフォンで使えるタイプがある。
例. Suica、Pasmo、nanaco、Ponta、楽天Edy

・ デビッドカード
買い物や食事代の支払いで利用すると、代金が銀行の口座から即座に引き落とされるカード。

・ クレジットカード
デパート、スーパーなどの店舗での買い物に使うと、後で請求がくるカード。

・ QRコード決済
店舗がそれぞれのQRコードを提示し、専用のアプリで読み取ると決済が完了する仕組み。サービス事業者への支払い方法は現金チャージ(プリペイド)、クレジットカード払い、銀行振り込みなど各社で異なる。

キャッシュレスのメリット・デメリット

キャッシュレス決済を利用することは、消費者にとっては、ポイント還元制度による金銭的なメリットがあることに加え、現金を保有することに伴う紛失リスクなども軽減することにもつながります。

また、事業者にとっても現金管理に必要なコストを削減できる点に加え、キャッシュレス決済が一般に普及している海外からの旅行者を取り込むことができる点でも有利に働きます。

特に、間もなく開幕するラグビーW杯や来年の東京オリンピック・パラリンピックの影響で多くの外国人旅行客の増加が見込まれる現状においては、キャッシュレス決済の普及により外国人観光客の購買金額が上昇することが期待されています。

一方で、キャッシュレス決済のデメリットとしてはセキュリティが挙げられます。過去にもQRコード決済アプリの認証が他者に突破され、身に覚えのない請求が後日届いたというトラブルの報告もあったようです。

決済サービスを提供する事業者がセキュリティに万全の対策をとることが求められるのに加え、我々消費者もセキュリティ意識を高めて利用することが求められます。

キャッシュレス関連銘柄

キャッシュレスの関連株としては次の銘柄などがあります。

GMOペイメントゲートウェイ(3769):クレジットカードなどのマルチ決済サービスを提供
LINE(3938):プリペイド式のQRコード決済「LINE pay」を展開
リクルートHD(6098):モバイル決済サービス「Airペイ」を提供
ソフトバンク(9434):子会社でQRコード決済「paypay」を提供 100億円還元キャンペーンが話題に
アリババグループHD(BABA):世界最大規模のQRコード決済「Alipay」を提供
スクエア(SQ):中小企業等でも導入しやすいクレジットカード決済サービスを提供

消費増税及びその対策としてのポイント還元制度の実施が近づくに伴い、特に国内関連銘柄には注目が集まることが推測されます。これらの銘柄はeワラントの対象にもなっていますので、先ずは少額から代替的にeワラントを使って投資をしてみるのも一手かもしれません。

(eワラント証券 投資情報室長 多田 幸大)

* 本稿は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。本稿の内容は将来の投資成果を保証するものではありません。投資判断は自己責任でお願いします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 中東だ、原油だ、とか昔は円大幅安という反応の時期もあった。それがある日から、円高になるようになった。…
  2. サウジアラビアの石油施設への攻撃で原油は60ドル台まで急騰、リスクオフの流れから、ドル円は107.6…
  3. きょうの戦略$/¥=107.82(9月16日) TSR : 107円82銭 本日の予想レンジ :…
  4. ECB理事会の結果を受けた相場は、2時間ほどで終わりました。フルパッケージとも言えるあの内容で、年初…
  5. ドラギの強行突破で欧州の金融政策は大きな変化となった。ところが、為替市場も債券市場もひどい動きで、賞…
  6. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、日経平均のサイコロジカルラインは83.33%に、TOP…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook