エントリーの理由を見直してみる(2015/11/30)

スポンサーリンク

土居雅紹のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

エントリーの理由を見直してみる(2015/11/30)

 「買い上手より売り上手」という相場格言があります。これは一般に株式相場が「ゆっくり上がってドカンと下がる」傾向があることから、どこで買うよりも、どこで売るかが重要というものです。しかし、FXのようにどちらか一方の通貨の買いが他方の売りになっているようなもの、コモディティ相場のように下げが長期に亘る場合があるものへの投資が一般的になってきました、さらに、最高値が更新される度に手仕舞い価格を切り上げていく「トレーリング・ストップ」が広く知られてきたことで、売る(手仕舞う)技術の差は従来よりも小さくなってきたように思われます。

 そこで、凸凹な相場展開が想定される2016年を迎えるにあたり、買い(ロング)にしろ売り(ショート)にしろ、新たに投資ポジションを持つ(エントリー)際に、「感情ではなく勘定で投資する」ことを徹底できているか再確認しておきましょう。

戦略はなんでもOKだが、検証可能なロジックが必要

 各種チャートなどを使って過去の値動きから収益機会を探すテクニカル分析、企業業績やマクロ経済動向から投資対象を探すファンダメンタルズ分析、半年効果(毎年11月から4月まで株価が堅調となることが多い)などのアノマリーを使った投資、プット・コールレシオ(PCレシオ)などの投資シグナルを使った投資、各国中央銀行の動向を分析してFOMC(米国連邦公開市場委員会)や日銀政策決定会合の直前にポジションを採る手法、個別企業の業績発表のクセと業界動向の分析から業績発表直前に買い/売りのポジションを採る手法、M&Aを発表した企業間の株価裁定取引、自社株買いを発表している企業の買い入れ予定日直前直後の取引、株価指数構成銘柄入れ替えに伴うロング・ショート戦略など、投資アイデアは千差万別です。

 この時、エントリーの理由として不適切なことが多いのは「知人から聞いた」、「営業マンに勧められた」、「マネー雑誌で読んだ」、「直観でピンと来た」、「とりあえず買って(売って)みた」というものです。どこかで聞いたネタでも、必ず自分で関連情報を集めて確信が持てるようにしなければ、しっかりしたプロに任せて運用してもらう方がましな結果となることも少なくありません。

 選んだ投資対象が何故よいのか、これからもそのロジックが利用できるのか、業績への影響があるなら実現まで何年かかってどの程度なのか、他の市場参加者にとって既知の事実か、などが説明できなければ自らの判断で投資しているとは言えないのです。

 また、エントリーする時は、どの程度の期間そのポジションを持って、いつエグジットするのか、あるいはどの程度の収益/損失で仕舞うのかという時間軸も同時に予め決めておく必要があります。「○○さんのオススメだから、そのうちガツンと上がるでしょ」では、いつまで経っても投資機会を自分で探せるようにはなりません。

実際に投資する前にバックテストをやってみる

 どんなに素晴らしいと思われる投資手法でも、実際に投資する前に過去データで検証してみる必要があります。過去の値動きから投資機会を探すテクニカル分析ではバックテストが比較的容易にできるので、必ず試してみましょう。また、株式評論家やマネー雑誌で紹介されている銘柄であれば、同じ情報源で過去に言及されていた銘柄がその後どうなったのかを5~10銘柄程度調べてみれば、情報源として信頼に足りるかどうか簡単に判断することができます。残念ながら、「上がれば買いを推奨し、下がれば急に黙る」市場関係者も散見されますし、過去10年「ハルマゲドンが来る」と言い続けていたり、逆に、長期投資を標榜しながら暴落時に買うどころか慌てて売りあせっていたプロ投資家もいたようです。

 また、ご自分の「直観」を検証するのであれば、実際に投資する前に、「直観で買い!」と思ったものを買ったつもりでエクセル等に記録しておき、それを半年から1年ほど続けて結果を分析してみましょう。ファンダメンタルズ分析による銘柄選択や、企業の業績発表前後の短期投資手法の場合も、同様に買ったつもり分析を半年は続けてみるとよいでしょう。「兜町には明日もある」ので、現在も将来も投資対象には事欠きません。まずは投資手法の検証をしっかり行なって、“勝てる投資法”を探すほうが投資パフォーマンス向上の近道なのです。

投資手法によってはeワラントでお試し投資も

 FOMCなどの主要会合や主要統計の公表日、各企業の決算発表日直前にポジションを採り、直後に手仕舞う投資手法などでは、米ドルや日経平均、各個別株対象のeワラントを数万円分だけ購入して試してみる事も効果的です。“買ったつもり分析”は飽きがきやすい地味な作業なので、ちょっとだけ損失限定のレバレッジ投資ができるeワラントで実際にポジションを採ってみるのです。

 また、実際の運用においても、エントリーして数日でエグジットするタイプの投資であればeワラント、数週間から数ヶ月なら日経平均や金などを対象としたレバレッジトラッカーを使うと少額から運用金額に合わせた投資ポジションを構築できるのでぜひ覚えておきたい手法です。

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)
eワラント証券 チーフ・オペレーティング・オフィサー 土居雅紹(どい まさつぐ)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 米10年債がついに3%を付けた。米株は下げているし、いい金利上昇ではないとみている。 今週に入…
  2. 東京は閑古鳥。欧州も閑古鳥。なんでも手を出すNYが109.20まで吊り上げ。株価下落を受けて、108…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 24日、日経平均は75日MAを上回り、TOPIXは75日MAに…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 24日、円安が好感され大幅に上昇して取引終了、商いも比較的高水…
  5. きょうの戦略$/¥=108.20円(4月24日) TSR : 108円20銭 本日の予想レンジ …
  6. 相場があまり動かないので、トランプ、ツィートしないかなあ、なんてつぶやく連中まで出現していたが、ツィ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
  3. 理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編-

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編- 好評発売中! ■主要テ…
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook