円高株安の損失を「この方法」でプラス転換できる?! (2016/07/11)

スポンサーリンク
doi-20160711-0

土居雅紹のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワラントはもちろん、他の金融商品を使った投資戦術などをお届けします。

円高株安の損失を「この方法」でプラス転換できる?! (2016/07/11)

大波乱が続く2016年。2015年末からのジェットコースター相場で、日経平均は2万円台から14,000円~15,000円台をうろうろする水準まで下げ、米ドル/円レートは120円/ドルから一時は100円/ドルを割れる状況になっています。

この状況では「あ~、逃げ遅れた~」、「2015年に株を買うんじゃなかった!」、「そー言えば、『2016年は要注意、先読みしてキャッシュを厚めに』って言ってた人もいたよなぁ~、ちゃんと聞いておけば良かった (T_T)」 などという思いがよぎり、保有ポジションを見たくない方が少なくないはずです。

しかし、ちょっとだけ見方を変えれば、お持ちのポジションの損益は実はプラスだったり、ちょっとのマイナスに止まり、乗り換えの判断がやりやすい状況かもしれません。その方法とは…?

■2012年から見れば米国株、日本株、米ドルは未だに高いが…

図1は2012年初からの米国株(S&P500)、日本株(日経平均)、米ドル、ユーロ、豪ドルへの投資パフォーマンスを円換算して比較したものです。比較を容易にするため金利・配当・税金・売買手数料等は無視しているので、それを考慮すれば配当の分だけ米国株と日本株、金利の分だけ豪ドルはパフォーマンスがもう少しだけ良くなるはずです。

これを見ると、2016年に入って円高株安が進んだといっても、2012年の「暗黒の3年間(仮)」にあった日本経済の状況に比べれば遥かにマシです。2012年に比べるとまだまだ円安ということもあって米国株の投資パフォーマンスは抜群に高く、日本株のパフォーマンスもまだ大きなプラスになっています。外貨投資でも名目レートで豪ドルがほぼ2012年とトントンになっただけで、豪ドルの好金利を考慮すれば未だにプラスといえます。

しかし、2014年~2015年の高値を見た後では、やはりそこから大きく下がっていることは否定しがたいものがあります。また、仮に2015年頃までに一旦利食って別のポジションをとっていたり、新たに投資を始めたりした方にとっては、今は下げ相場ということになります。

doi-20160711-1

■2015年6月に投資を始めたら、10年間塩漬けも

図2は、今回の大相場で天井をつけた資産が多いと思われる2015年初からの日経平均と米ドル・円レートの推移です。ともに2016年5月~8月初め頃までが、典型的な天井圏となっていることが分かります(図中オレンジ点線で囲まれた箇所)。まさに、投資家間で後悔をこめて使われる“ジャンピング・キャッチ”ですが、実際にはその天井圏で買いポジションを持つことになってしまった方は少なくありません。

従来こういった大相場の天井圏(ITバブルでは2000年3月頃、サブプライムバブルでは2007年6月~7月頃)で買いポジションを抱えてしまった場合、次の大相場で相場が吹き上がるまでの7年~10年間は株式ポジションを「塩漬け」にすることになってしまうケースが多かったと思われます。

doi-20160711-2

■ちょっと見方を変えれば、大損もプラス転換?

図3は、2015年6月に500万円を元手に、「30%豪ドル、30%米ドル、40%日本円の為替分散投資」、「50%日本株、50%円預金」、「100%日本株」、「50%日本株、50%米国株」、「100%米国株」への投資を行った場合の2016年6月末までの各ポートフォリオの時価の推移を試算したものです。日本株は日経平均、米国株はS&P500を用い、金利・配当・手数料・税金等は考慮していません。

結果は、“ジャンピング・キャッチ”なので、日本株100%(図中オレンジ線)は1年で24.3%の損失となり、当初の500万円が378万円にまで減ってしまいました。米国株100%(図中ピンク線)でも、21.0%の損失で395万円になっていました。最もマシだったのは、「30%豪ドル、30%米ドル、40%日本円の為替分散投資」(図中みずいろ線)でしたが、それでも10.9%の損失で446万円となっていました。

doi-20160711-3

しかし、これはあくまで一面的な見方に過ぎません。図4は、同じポートフォリオをドルベースで表したものです。当初資金500万円が$40,077となるだけでなく、その後のパフォーマンスもとても同じポートフォリオとは思えないものになっています。

最もパフォーマンスが良かったのが、「30%豪ドル、30%米ドル、40%日本円の為替分散投資」(図中みずいろ線)で、図3の円ベースでは10.9%のマイナスだったのに、ドルベースにするとなんとプラス7.7%で当初の$40,007から$43,163に増えています。驚きなのが、「50%日本株、50%円預金」(図中きみどり線)です。円ベースではマイナス12.1%だったのに、ドルベースにすると、なんとプラ転し+6.2%でした。

さらに言えば、かなり気が滅入るマイナス24.3%だった日本株100%のポートフォリオ(図中オレンジ線)も、ドルベースなら凹む理由にもならないマイナス8.5%でした。「米国株100%」(図中ピンク線)はトントン、「50%日本株、50%米国株」(図中紫線)は損ともいえない程度のマイナス4.6%でした。

ドルベースの評価額への換算方法は実に簡単で、2015年6月1日なら円評価額を124.76円で割るだけですし、2016年6月末なら103.25円で割るだけです。こうやって、2015年6月1日時点と、現時点のご自分のポートフォリオのドルベースの評価額換算額を計算してみると、うれしい発見となる場合が多いので、ぜひ試算してみることをおススメします。

doi-20160711-4

■ドル換算額を机上の空論に終わらせるか否かは行動次第!

ポートフォリオのドルベースの換算額と聞くと、「それって机上の空論だよね」、「日本で生活しているのだから円評価額しか意味がないよ」といういう意見が必ず出てきます。確かに、ドル換算額を眺めているだけでは、外国人投資家の目線を垣間見ることぐらいにしかなりません。

しかし、実際の投資に活かせばドルベースのリターンは現実のものになります。ドルベースの損益がプラスということは、より多くのドルを手にしていることです。加えて世界的な株安で外国の資産がドルベースで安くなっているのであれば、手元の増えたドルで株安と円高で安くなった外国株や海外REITなどに投資すれば良いのです。仮に手元に資金がなくても、ドルベースなら日本株100%のポートフォリオの損失も売却をためらう程のものではありません。日本株売却で資金を捻出して外国株投資に振り向ける機会ともいえます。実際、まさにこれが大口の外国人投資家が日本株を売却している理由で、彼らは仮に2015年に買っていたとしてもドルベースの日本株投資は大して損をしていないのです。

そこで、もしここからの1-2年は円高がさらに進む、あるいは現在の円高水準で動かないと考えるのであれば、以下のような行動が合理的と思われます。

◎日本株を2015年の高値で掴んでしまっていても淡々と処分し、その資金でS&P500やNASDAQ100を対象としたETFに投資する。低レバレッジで満期日が遠いNYダウコールに、何回かに分けて資金の3-5%程度投資することも可

◎現在、円預金が30-50%あれば、それを外国株や海外REITへの投資に振り向ける

◎新興国株でリスクをとるなら、人口動態で不利な中国・韓国を避け、インド・フィリピン・インドネシア・ベトナム株へETFなどでの投資が効果的。インド関連株バスケットeワラントコールでロールすることも一案

◎欧州株投資を考えるなら、英EU離脱への懸念が再燃して英ポンド・ユーロが対米ドルで底を打つまで2年程度はじっくり構える

◎外貨預金・外貨MMFを増やす(FXを2-3倍のレバレッジで預金代わりに使うことも一案)

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)
eワラント証券 チーフ・オペレーティング・オフィサー 土居雅紹(どい まさつぐ)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. nextweek
    8月14日からのドル円の値動きをみると、週初から戻り場面となったが、111円の節を攻略できず、その後…
  2. fuku-20170313-b
    円がらみが狙われている。108円台が岩盤であるが、今週の111円接近で余計にポジションが悪化したよう…
  3. fuku-20170619-b
    マーケットコメント-テクニカル分析 18日、3日続落。NYダウの大幅安などを嫌気し、日経平均は今週…
  4. 17414221431e85cc19d360c4f4cb5647_s
    マーケットコメント-マーケット情報 18日、NYダウの大幅安や円の高止まりが嫌気され、3日続落で終…
  5. fuku-20170502-a
    きょうの戦略$/¥=109.80(8月18日) TSR : 109円80銭 本日の予想レ…
  6. yotei0421
    ユーロが荒れた。欧州は強烈な売り。議事録でも反応したが、過敏だった。ユーロ高が気にいらないようだけど…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. スマートレーダー福永さん
    forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…
  2. FXプライムbyGMOボリ平セミナー
    先日6月7日(水)に行われたFXプライムbyGMOのボリ平セミナー、現在オンデマンド配信中。 FX…

エイチスクエア書籍

  1. sample00-nb-s

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2017 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2017 株式手帳 20…
  2. %e7%82%ba%e6%9b%bf%e6%89%8b%e5%b8%b3%e8%a1%a8%e7%b4%99%e9%80%a3%e7%b5%90

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2017 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2017 為替手帳 ■為替相場歴41…
  3. MU_sample_01

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編-

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編- 好評発売中! ■主要テ…
2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook