14日、7日続落。米主要株価指数の大幅安を受け一時400円超の下落となるも下げ渋る

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケットコメント

14日、7日続落。米主要株価指数の大幅安を受け一時400円超の下落となるも下げ渋る

14日、米中貿易摩擦が激化するなか、NYダウなど米主要株価指数が大幅安で終えていたことが嫌気され、東京市場も大幅安で取引が始まった。日経平均株価は320円安で始まると、そのまま下げ幅を広げる展開となり20,751円をつけるなど一時439円安となる場面があった。その後109円10銭台で推移していたドル円が買い戻しで反発に転じると、日経平均株価も押し目買いや買い戻しで急速に下げ幅を縮め、午後の取引開始後には21,077円まで回復したが、その後はドル円の戻りが限定的だったことや上海総合指数がマイナスで推移していたことなどから買いが続かず、21,000円台は維持したものの7日続落で終えた。

そうしたなか業種別では石油・石炭、鉱業、化学、卸売、陸運、建設など11業種が値上り。一方値下がりは、水産・農林、ゴム、サービス、輸送用機器、金属製品、情報・通信など22業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ソフトバンクGがトップで-5.44%となったほか、ZOZO、日産自動車、楽天、ソニーなども安かった反面、ブレインパッドが+12.83%と上昇が目立ち、太陽誘電、KDDI、資生堂などが高かった。日経平均株価の終値は21,067円23銭、-124円05銭、TOPIXの終値は1534.98ポイント、-6.16ポイント。売買高は概算で17億33百万株、売買代金2兆8,526億円。

マーケットコメント-マーケット情報(5月14日)

今年もよろしくお願いいたします。
↓↓↓詳しくはこちらから↓↓↓
INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 好評発売中!


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 為替相場は、冴えない日々が続いていますね。高値更新でも盛り上がらない相場というのを久しぶりにみました…
  2. 驚く沈黙相場。新値相場だが、参加者が増えないと言う不可思議な不人気相場。中国の減速が騒がれていたが、…
  3. NYダウ   29297.64 + 267.42(+ 0.92%) ナスダック …
  4. きょうの戦略$/¥=110.00(1月17日) TSR : 110円00銭 本日の予想レンジ :…
  5. 円が異様な弱さ。スイスフランが異様な強さ。そんなわけで、日本人観光客はスイスに行くと日本の落ちぶれ枯…
  6. ドル円は、14日に昨年12月2日の高値109.73をようやく上抜き、さらに110円台に突入し、110…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook