5日、4日続伸。TPP交渉の大筋合意報道が押し上げ要因となり、18,000円台回復

スポンサーリンク

マーケットコメント - マーケット情報

5日、4日続伸。TPP交渉の大筋合意報道が押し上げ要因となり、18,000円台回復

5日、前週末の米雇用統計の結果が予想の203万人増を大幅に下回る142万人増となったものの、米利上げ時期が後ずれすると見方が広がり、一旦売られたNYダウが切り返して200ドル高で終えていたことに加え、ドル円も一旦119円を割り込む場面があったあと、119円台後半まで戻して終えるなど、東京マーケットの支援材料となった。また、早朝の報道で、TPP交渉が大筋で合意したと伝わったことも、取引開始早々から買いを誘う展開となった。日経平均株価は 17,921円で始まったあと、18,000円まで上昇したが、買いが続かず伸び悩んだ。一方、午後に入ると持ち直し、18,079円46銭まで上昇したあと18,000円台を維持して終えた。

そうしたなか業種別では、倉庫・運輸を除く32業種が値上がりした。値上がりでは、鉱業、卸売、医薬品、機械、石油・石炭、空運、食料品などの上昇率が高かった。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ベステラ(マザーズ)、三菱商事、オリエンタルランド、ソフトバンクグループの上昇率が高かった反面、日経ダブルインバース、ジグソー(マザーズ)、富士重工業が安かった。日経平均株価の終値は18,005円49銭、+280円36銭、TOPIの終値は1463.92ポイント、+19.00ポイント。売買高は概算で18億96百万株、売買代金は2兆0029億円。

※会員向けコメントはアイトラストHPより。

マーケットコメント-マーケット情報(10月5日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 米中貿易摩擦の影響だが、コモディティには大きく出ているが、株や為替にはいまのところ影響は限定的だ。株…
  2. ECBで今週は終わりかと思っていたら、15日は米中貿易摩擦でコモディティ市場が大荒れとなりましたね。…
  3. 先週は、米朝首脳会談に始まり、FOMC、ECB、そして最後には米中の関税合戦が待っていました。 …
  4. 前日の余韻相場は、欧州の途中までで、後は静かになってしまった。ユーロはあまりに短時間に沈んだので、週…
  5. きょうの戦略$/¥=110.30円(6月15日) TSR : 110円30銭 本日の予想レンジ …
  6. ECBには、びっくりしたねー。この間まで、6月にも買い入れ終了って言っていた理事も結構いたのにねー。…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook