18日、大幅反落。金融政策決定会合の結果を受け乱高下して終了

スポンサーリンク

マーケットコメント - マーケット情報

18日、大幅反落。金融政策決定会合の結果を受け乱高下して終了

18日、NYダウが253ドル安と大幅に反落して終えていたことや、ドル円が伸び悩んで終えていたことなどが嫌気され、東京マーケットは反落して始まった。日経平均株価は小幅安で始まったあと、しばらくもみ合いを続けたが、徐々にげ幅を広げる展開となった。ただ、日銀金融政策決定会合の結果発表を控え、売り込む動きは限定的で、19,200円台を維持して推移した。その後、金融政策決定会合の結果発表が遅れたことから、マーケットで追加緩和実施の憶測が広がり、買い戻される場面があった。一方、金融政策は現状維持となったものの、「量的・質的緩和を補完するための諸措置の導入」を発表したことから、サプライズ緩和ではないかと受け取られ、日経平均株価は先物主導で買い戻しが入り、一時19,869円をつけるなど、515円高となる場面があった。ただ、「量的・質的緩和を補完するための諸措置」の内容が投資家にいきわたると、徐々に上値が重たくなり、上げ幅を縮める展開となった。さらに、マイナスに転じたあとは、ドル円の一時的な上昇がはげ落ちたことも手伝って下げ幅を広げ、結局この日のほぼ安値で取引を終えた。

そうしたなか業種別では、33業種すべてが値下がりしたが、比較的下げ幅が小さかったのが、医薬品、鉄鋼、水産・農林、空運、精密機器、サービス、情報・通信、輸送用機器となっている。一方下落率が大きかったのは、石油・石炭、保険、紙・パルプ、証券・商品、機械、鉱業などとなっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、JFEHD、小野薬品、 武田薬品の3銘柄のみが値上がり。一方値下がりでは、伊藤忠、村田製作所、アルプス電気、三菱重工業、日本たばこ産業などの下落が目立った。日経平均株価の終値は18,986円80銭、-366円76銭、TOPIXの終値は1537.61ポイント、-27.61ポイント。売買高は概算で29億87百万株、売買代金は3兆5971億円。

※会員向けコメントはアイトラストHPより。

マーケットコメント-マーケット情報(12月18日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. WSJやFTが米中交渉難航を伝え、ナバロとロスが上首尾とコメントする。市場は以前ほどの反応を見せなく…
  2. 円が多少反発気味。皆円売りだから、しこりだしているのかもしれないね。それ以外は無風。NZの金利据え置…
  3. きょうの戦略$/¥=109.13円(11月13日) TSR : 109円13銭 本日の予想レンジ…
  4. 値動きが悪すぎるね。パウエルFRB議長の議会証言を控えて動きにくいのかもしれないが、ドル円にせよ、ユ…
  5. マチマチ、チンタラ、フラフラ、チマチマの為替市場。 (11月12日。夜。) 行きつけの歯医者…
  6. 香港、なんだか状況が悪化しているね。これで人民解放軍が武力制圧などをすると、えらいことになるね。トラ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook