8日、5営業日ぶりの反落。円安に振れたことが支援材料となり17,000円台回復

スポンサーリンク

マーケットコメント - マーケット情報

8日、5営業日ぶりの反落。円安に振れたことが支援材料となり17,000円台回復

8日、前週末の海外市場は、雇用統計の結果、失業率が市場予測の50%に対して49%と改善したものの、非農業部門の雇用者数が市場予想の19万人増を大幅に下回る15.1万人増となったことが嫌気され、ドル円が乱高下したことに加え、NYダウが211ドル安となったことから、東京マーケットも大幅安で始まった。日経平均株価は16,620円で始まった あと16,552円まで下落し、一時267円安となる場面があったが、ドル円の下落が限定的で、買い戻しが優勢となって円安に振れ、117円に乗せたことが支援材料となり、日経平均株価も下げ幅を縮めた。また、午後に入って117円台半ば まで上昇したことも先物の買い戻しにつながってプラスに浮上すると、一時17,099円01銭をつけるなど、279円高まで上げ幅を広げる場面があった。ただ商いが薄かったために売り物を吸収できず、取引終了にかけて伸び悩んで終えた。

そうしたなか業種別では、紙・パルプ、建設、情報・通信、海運、化学、倉庫・運輸など24業種が値上がり。一方値下がりは、ガラス・土石、非鉄金属、証券、商品、石油・石炭など9業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、ファナック、KDDI、NTT、大和ハウス、武田薬品などが高かった反面、住友金属鉱山、日本電産、日立の下落が目立った。日経平均株価の終値は17,004円30銭、+184円71銭、TOPIXの終値は1380.41ポイント、+11.44ポイント。売買高は概算で27億38百万株、売買代金2兆5991億円。

※会員向けコメントはアイトラストHPより。

マーケットコメント-マーケット情報(2月8日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. きょうの戦略$/¥=107.52(7月8日) TSR : 107円52銭 本日の予想レンジ : …
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 7日、反落、日経平均は25日MA上を維持、TOPIXは5日MA…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 7日、商いは回復するも買い材料乏しく4営業日ぶりの反落で終了 …
  4. 7日の相場は、なんだか質の悪い相場だったね。東京から欧州序盤までドル買い、その後、NY序盤までドル売…
  5. ドル円の動きがお粗末。なるほど、個人投資家が離れていくと言うのも理解できることだ。これでは、株式市場…
  6. マーケット・サマリー 先週と変わらず、コロナウィルスの感染が、米国、ブラジル、ロシア、インドなどで…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook