7日、円高が嫌気され、一時17,000円を割り込むも下げ渋って取引終了

スポンサーリンク

マーケットコメント-マーケット情報

7日、円高が嫌気され、一時17,000円を割り込むも下げ渋って取引終了

7日、米ISM非製造業景況感指数が予想(55.0)を下回る51.4となったことや、米労働市場情勢指数が-0.7と、前回の 結果(+1.3)を下回ったこと受け、ドル円が大幅に下落し、103円台半ばから101円台前半まで円高が進んだ。こうしたドル安円高の動きが嫌気され、東京市場は大幅安で取引が始まった。日経平均株価は16,903円をつけるなど、17,000円を割り込み178円安となる場面があった。ただ取引開始後はドル円が下げ渋ったことや、日銀によるETF買いへの期待が支えとなり徐々に下げ渋り、日経平均株価は17,000円台を回復して終えた。

そうしたなか業種別では、電気・ガス、その他製品、サービス、倉庫・運輸、建設、繊維、石油・石炭など14業種が値上り。一方値下がりは、保険、銀行、紙・パルプ、海運、証券、商品、非鉄金属、鉄鋼など19業種となっている。また全市場の売買代金上位30銘柄では、任天堂がトップで+4.86%となったほか、楽天、そーせいグループ(マザーズ)、モブキャスト(同)などが高かった反面、値下がりは、カカクコム、第一生命の下落が目立ち、三菱UFJFG、三井住友FG、マツダなど安かった。日経平均株価の終値は17,012円44銭、-69円54銭、TOPIXの終値は1,349.53ポイント、-3.05ポイント。売買高は概算で19億15百万株、売買代金2兆1267德円。

(会員向けコメントあり)

マーケットコメント-マーケット情報(9月7日)


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. FOMC前で閑散、ってこともないか。毎日日曜日相場。FOMCは皆ソフトを期待して先行している。意表を…
  2. 小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワ…
  3. 小野田慎氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワ…
  4. きょうの戦略$/¥=111.32円(3月20日) TSR : 111円32銭 本日の予想レンジ …
  5. マーケットコメント-テクニカル分析 19日、3日ぶりの小反落。一時下げ幅を拡大するも5日MAが下支…
  6. マーケットコメント-マーケット情報 19日、3日ぶりの小幅反落。薄商いのなか朝方の下落を盛り返すこ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook