☆トルコリラ炎上、トルコ総選挙を映す

スポンサーリンク

8日の外為市場では、7日のトルコ総選挙で与党の公正発展党(AKP)が、政権発足以来、初めて過半数割れの見込みとなったことを受けて、トルコリラが暴落しています。

5日終値と8日の始値は以下の通りです。

ドル・トルコリラ、
5日終値:2.6607トルコリラ→8日始値:2.7515トルコリラ(リラが約3.5%下落)

トルコリラ・円
5日終値:47.18円→8日始値:45.53円(リラが約3.6%下落)
トルコリラ・円の3.6%の下落をドル・円で考えると、仮にドル・円の5日の終値が125円だとすると、8日の始値は120.50円ということになります。どれだけ凄まじい下げか、お分かり頂けると思います。今朝は、強制ロスカットのメールが舞い散ったことでしょう。

・取引の目的を明確に!
トルコリラに限らず、南アランドなどもそうですが、高金利通貨というのは、それなりの理由があって金利が高くなっています。政治・経済・社会環境が不安定な場合が、ほとんどです。いわゆる、カントリーリスクです。日本の超低金利に見慣れていると、10%を超えるような、金利は非常に魅力的にみえます。FXの取引をしていて、毎日数百円ずつチャリンチャリンって入ってくると思うと、つい高金利通貨をロングしがちですが、金利分の利益を吹っ飛ばすのに、一秒もいりません。高金利通貨を取引する際は、そのあたりをことを考えて、取引する必要があるとか思います。

具体的には、レバレッジを下げて、5%、10%の下げには耐えるような気持ちで臨むべきでしょう。ちなみに、私、個人としては、最近は金利を取りに行くとはしていないのですが、以前、やっていた時は、レバレッジは2倍程度していました。ほんと、外貨預金感覚でやっていました。通貨は、オージーやキーウィといった通貨に絞っていました。新興国は、怖くて手が出ませんでした。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週はドル買いの一週間となりました。ユーロドルは、節目の1.1700を割り込み、1.1612まで下落…
  2. 本日もNYはドル買い。毎日買い。株は下げている。雰囲気は沈滞気味で暗い。暗いとドルが買われるとは初め…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 25日、3日ぶりの反発となったものの日経平均は25日MA上を回…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 25日、米国株の反発が支えとなり、東京市場も3日ぶりの反発で終…
  5. さすがに昨日は、ドル買いがやや鈍った。ユーロドルは、すでに250ポイント以上下落している。過去の取引…
  6. 本日もNYはドル買い。とりあえず、8合目、9合目くらいまで行ってしまっている通貨もあるのだが、市場は…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook