<雑感>ポンド急変、ハードブレグジットの可能性は減少らしいが

スポンサーリンク

再び、英国に注目が集まりそうだ。

昨日、ロンドンの高等法院は、英国が欧州連合(EU)離脱手続きを正式に開始するためには議会の承認が必要になるとの判決を下した。これを受けて、ポンドは反発を開始した。

政府は、この決定を不服として、上訴するようだ。しかし、このままいけば、可能性としては、EU離脱手続きを開始するリスボン条約第50条の発動を議会が承認しないこともあり得る。

実際は、その可能性は低いとみるが、一体、何のための国民投票だったのだろう。高等法院は、国民投票の結果について、勧告的なものだと指摘している。あれだけ世界中を巻き込んだ国民投票が、実は勧告的な意味しかないというのは、しらけるね。

市場では、議会の承認に必要との高等法院の判断を受けて、ハードブレグジットが後退したとしているが、もし、リスボン条約第50条の発動の議会承認が危うくなれば、メイ首相は解散総選挙に打って出ることになる。

英国の政治不安がまだしばらく続きそうだ。

さらに、きのうは英国の中央銀行にあたるイングランド銀行は、これまでの「年内の追加利下げがあり得る」とした方針を撤回し、四半期経済見通しでは、2017年のインフレ、成長率予想を引き上げ、金融政策スタンスは利上げ、利下げのいずれにも動く可能性のある中立とした。

1年後のインフレ率を2.7%にしたので、これは利上げに動く可能性が高い。brexitでポンドが急落したが、その影響をもろに受けている。

英国は、実際にEU離脱をする際に、どこにどのような影響が出るのか、手探り状態のなかで、ポンド安を巧みに使って、現状を打破できるかと思っていたが、ちょっと厳しくなってきた。

ポンドは、ショートが溜まっているので、まだ踏み上げの可能性がある。ただ、安心してポンドを買える状況ではなく、乱高下する可能性が高いとみる。

米大統領選後は、ポンドがマーケットをたきつけそうだ。


<お知らせ>

「FOREX NOTE 2017 為替手帳」の予約を開始致しました。
ご予約はこちらから→「FOREX NOTE 2017 為替手帳」予約受付
2017年版もよろしくお願いいたします。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ラガルド会見中。ECBでもラガルドでも動意薄。ユーロはドル円以上に値動きが悪いからね。対米投資も大き…
  2. きょうの戦略$/¥=109.86(1月23日) TSR : 109円86銭 本日の予想レンジ :…
  3. 値動きが示すものは参加者激減。オージーが崩れているが、これから森林火災の影響が経済指標にあらわれてく…
  4. 月曜日の取引をみて、ようやくドル円が、下げに転じてきたと思ったのですが、なかなか動いてくれませんね。…
  5. マーケット・サマリー 海外市場では、米中の第一段階での合意が成立し、また中東紛争も、一時的に小…
  6. 為替相場は、冴えない日々が続いていますね。高値更新でも盛り上がらない相場というのを久しぶりにみました…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook