☆投げ切れていないドル円、口先介入も重石に

スポンサーリンク

きのうのブログにも書いたのだが、欧州勢は性懲りもなくドル・円を123円台後半まで買うな~と思っていたら、一瞬ではあったが、米小売売上高発表時に124円台を付けた。前日に124.50円から122.46円まで下げたのに、すぐに124円台に乗せるとは、恐れ入った。もっとも、最終的には123円台半ばに落ちついた。

・投げ切れていないドル円
きのうの124円台乗せの値動きをみていた思ったのだが、ドル・円はまだ投げ切れていない。投げ切れているならば、124円台に乗せたあと、さらに買いが入ってきただろう。だが、きのうの124円台はヤレヤレ売りだった。それは、ユーロ・ドルも同様であり、1.11ドル台の滞空時間の短さをみると、ポジションがほぐれていないのだろう。

・口先介入
また、今週は、ホワイトハウスは否定したが、オバマ大統領から「ドル高は懸念材料」との発言あったとの報道や、黒田ショックと中銀から口先介入が出てきた。このあたりも、市場参加者にドル買いを躊躇わせている。黒田総裁は、誘導尋問に乗せられた感があるが、ある意味本音ではある。日銀は、株価も上昇しており、ここで緩和等の手を打つ可能性も低くなっている。また、、経常黒字も増えている。ドル・円が一段の円安方向の進むには、米国サイドの利上げが材料となるが、そこに釘を刺したのが、オバマ発言。言った言わないの真偽はわからないが、火のないところに・・・、1-3月期の米企業決算をみると、ドル高に収益が圧迫されているとの内容が目立った。オバマ大統領も、大統領選を控えて、ドル高を快く思っていないのは、確かだろう。今週、来週の中ごろまでは、口先介入の効果やポジション整理も終わらないとみて、ドル・円の上値を試す展開は、一服ということになろう。目先、ドル・円は122-124.50円くらいのレンジで考えてみたい。レンジ内逆張りもありかと思っている。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今日は、なぜか東京時間から、ポンドが買われていた。特に材料が出たわけでないし、アジア時間にポンドの商…
  2. マーケット・サマリー 最大の懸念材料だった米中の貿易問題は、無事部分合意が成立し、当面の不安材…
  3. きょうの戦略$/¥=109.36円(12月16日) TSR : 109円36銭 本日の予想レンジ…
  4. 注目の一週間が終わりました。米中は、「第1段階」の合意に達し、トランプ政権の対中制裁関税の第4弾発動…
  5. いよいよ英総選挙、このブログを書いている間も投票中だ。今回の選挙を簡単におさらいすると、改選前の議席…
  6. いよいよ英総選挙。日本時間の13日午前7時に投票が締め切られ、ほぼ直後に出口調査の結果が発表される予…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook