☆来週の予定(6月14日~)・・・ギリシャ、FOMC、日銀会合、etc.

スポンサーリンク

6月7日からの一週間は、 黒田ショック、RBNZの予想外の利下げと、中銀に絡んで相場が大きく動きました。どちらの要因も受けたキーウィ・円は、8日に85.91円まで下落し、2月5日以来となる85円台に下落しました。この通貨は、高金利通貨のため、買ったまま放っておく方も多いと思われますが、流動性が低い通貨なので、急落するときはあっという間に20円くらい下落します。金利狙いで取引をするなら、レバレッジを引き下げて、外貨預金の延長の気持ちで取引をした方がいいでしょう。なお、水準的には、83円を割った際は、レンジからの下抜けとなりますので、注意した方がいいかと思います。

・FF金利動向の見通しが公表
さて、14日からの週ですが、前週に引き続き、中央銀行ウィークとなりそうです。FOMC、SNB政策理事会、日銀金融政策決定会合が控えています。注目は、FOMCでしょう。今回のFOMCで利上げはないでしょうが、直近の雇用関係、消費関連の指標が改善していますので、イエレン議長の会見で、利上げの時期に対する示唆やぽろっと本音が出るかもしれません。また、今回のFOMCでは、経済見通しと政策当局者のFF金利動向に関する見通しが公表されますので、こちらに注目です。どの委員が、どの時期にFFレートがどの水準にあると考えているかわかるので、利上げのタイミングを計る材料になるでしょう。

・黒田総裁会見に注目
一方、日銀金融政策決定会合ですが、株価がこれだけ上がっているうえ、経済指標もまずまずなので、追加緩和はないでしょう。注目はやはり黒田総裁の会見です。最近、以前ほど、黒田総裁の会見で相場が動くことは少なくなってきたのですが、今回は「黒田ショック」のあとだけに、注目度は高まります。まぁ、「あくまで実質実効為替レートの話で、名目では多少振れることはあるだろう」といった内容になるかと思っているのですが、ここから一段の円安に誘導するような発言は出ないでしょう。場合によっては、再度、口が滑って円が買われるケースも想定しています。122円割れには要注意!もちろん、ギリシャ問題も大詰めなので、こちらにも目を光らせておきましょう。デフォルトとなれば、ユーロが一旦は大きく売られるでしょう。ダラダラと書いてしまってすみません。

来週の予定は以下の通りです。

—【15日】————————————————————–
英ライトムーブ住宅価格(6月)
ノボトニー・オーストリア中銀総裁 講演
バイトマン・独連銀総裁 講演←ギリシャに厳しいこと言いそう
トルコ雇用統計(3月)
スイス生産者・輸入価格(5月)
スイス小売売上高(4月)
ユーロ圏貿易収支(4月)
カナダ製造業出荷(4月)
米NY連銀製造業景気指数(6月)
米鉱工業生産・設備稼働率(5月)
ドラギ欧州中銀(ECB)総裁 欧州議会 公聴会出席←ギリシャ問題への言及
対米証券投資(4月)
クーン・ベルギー中銀総裁 欧州議会で講演

—【16日】————————————————————–
独消費者物価指数(5月)
英消費者物価指数(5月)
英小売物価指数(5月)
英生産者物価指数(5月)
独ZEW景況感指数(6月)
米住宅着工・許可件数(5月)
メルシュ欧州中銀(ECB)専務理事 講演
クノット・オランダ中銀総裁 オランダ議会出席
ノボトニー・オーストリア中銀総裁 講演

—【17日】————————————————————–
NZ経常収支(1Q)
日本貿易収支(5月)
豪ウェストパック先行指数(5月)
英雇用統計(5月)
英金融政策委員会議事録
ユーロ圏消費者物価指数(5月)
米MBA住宅ローン申請指数(抵当銀行協会)
カナダ卸売売上高(4月)
☆FOMC
経済見通し発表、FF金利動向に関する政策当局者の見通し公表
イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長 記者会見←利上げ時期の示唆があるか

—【18日】————————————————————–
NZGDP(1Q)
スイス貿易収支(5月)
スイス国立銀行(SNB)政策理事会
英小売売上高指数(5月)
米経常収支(1Q)
米消費者物価指数(5月)
米新規失業保険申請件数
米フィラデルフィア連銀景況指数(6月)
米景気先行指数(5月)

—【19日】————————————————————–
日銀金融政策決定会合
日本景気動向指数(4月)
黒田日銀総裁記者会見
EU財務相会合←ギリシャ問題が決着するか
独生産者物価指数(5月)
ユーロ圏経常収支(4月)
カナダ消費者物価指数(5月)
カナダ小売売上高(4月)

※詳細はこちらのサイトで確認ください↓↓↓
http://ing.forexnote.jp/calender.php

それでは、みなさんよい週末を!


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 米中の部分合意というのは、実際はどうなのだろう。中国サイドから、署名前にさらになる交渉を希望との報道…
  2. きょうの戦略$/¥=108.25(10月15日) TSR : 108円25銭 本日の予想レンジ …
  3. 今日は金曜の裏返し相場でドル高円高推移。米中の合意内容は読めば読むほど、なんだか適当合意の感じだ。あ…
  4. きょうの戦略$/¥=108.20(10月14日) TSR : 108円20銭 本日の予想レンジ …
  5. 台風19号により被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。 米中が部分合意となりま…
  6. 米商務省は7日、中国の監視カメラ大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)や浙江大華技術(ダーファ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook