☆ポンド強し、先週の為替市場

スポンサーリンク

先週もギリシャ問題で揺れましたが、値動きをみると、米連邦公開市場委員会(FOMC)が一番相場を動かしました。FOMCについては、FOMCはハト派的内容、利上げは12月?で触れたので、そちらをご覧いただければと思います。しかし、18日の値動きで、意外だったのが、FOMC前にドル円が124.20円付近まで上げてきたことです。余程、強い内容が出ると思ったいたのでしょうかね~。124円台を買うということは、126円台以上を想定していたのでしょう。ただ、6月8日の125円台の値動きをみると、あまり強気にはなれなかったです。

・ポンド強し
さて、先週の騰落をみていて思ったのですが、ポンド強いですね。陰陽は9勝1敗です。英国は、早ければ年内利上げという話も出ているのですが、EU離脱の可能性もあり、積極的に買いにいくような状況か疑問ではあります。大手金融機関のHSBCは、英国のEU離脱に備えて、本社をロンドンから移転させることを検討しています。それでも買われるのは、ドルがやや調整色が強まっている中、オセアニア通貨はさらになる通貨安を望み、ユーロにはギリシャ問題、日本は量的緩和中となれば、消去法で買われているかと思います。また、システム売買も多いでしょうから、買いが買いを呼んでいる側面もあるでしょう。
toraku20150621
ただ、山高ければ谷深し、資金の逆流には要注意です。いまのポンド買いの大多数は短期の投機筋とみられ、逃げ出す時は一気に引いてくるでしょう。特にポンド・円は、週足が10連騰となっており、私の持っているデータでは、これは2000年以降初めてです。下げのサインが出てから、売っても間に合うかと思っています。なお、ポンド・円は、暴れ馬なので、レバレッジを抑えて、値幅で取るといったトレードがいいかと思います。

それでは、明日からもがんばっていきましょう!


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 注目の一週間が終わりました。米中は、「第1段階」の合意に達し、トランプ政権の対中制裁関税の第4弾発動…
  2. いよいよ英総選挙、このブログを書いている間も投票中だ。今回の選挙を簡単におさらいすると、改選前の議席…
  3. いよいよ英総選挙。日本時間の13日午前7時に投票が締め切られ、ほぼ直後に出口調査の結果が発表される予…
  4. きょうの戦略$/¥=108.65円(12月12日) TSR : 108円65銭 本日の予想レンジ…
  5. FOMC前にいろいろゴチャゴチャやる連中がいるとは思わなかった。NYだけどね。ユーロとドル円は圏外だ…
  6. マーケットコメント-テクニカル分析 11日、小幅続落。日経平均は終値で5日MA上を維持するもTOP…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook