☆正念場を迎えたユーロ

スポンサーリンク

ユーロ・ドルの下攻め再開となってきました。きのうの取引で、直近のレンジ1.0700-1.10半ばを下方ブレーク、これで3月16日の安値1.0458ドル目指す展開になってきたとみます。

今回の相場ですが、雇用統計の翌営業日、4月6日の上攻めで高値を取れなかったことが、下攻めをしやすくした要因でしょう。

 

正直に言いますと、私はレンジから上放れた方が面白いと思っていました。それは、まず第一に、4月3日発表のCFTC建玉明細では、ユーロの売り越しが過去最高の22万6560枚となっており、ポジションがかなり売りに傾いたこと。第2に1.10水準がこれまで6回も切り返されているので、この水準をブレークすれば、ストップを巻き込んで、跳ねると考えていたからです。

 

今回は、残念ながらそのような展開にはなりませんでした。ただ、上記した3月16日安値1.0458ドルを下抜けずに戻ってくると、ショートカバーから思わぬ戻りがあるかと思っています。逆に、1.0400を割ってしまうなら、売り参戦で考えています。

 

いずれにせよ、1.04~1.05台の攻防は、中長期的にも、分水嶺になるでしょう。また、来週はECB理事会もありますので、タイミング的には、そのあたりが要注意でしょう。

 

理事会まで、下方ブレークがないなら、理事会の結果、さらには、いつも荒れるドラギ総裁の会見をみてから、ポジションを取っても間に合うと考えています。 そのくらい、今年のユーロ相場は、振幅は大きくなるとみています。

 

それでは、今夜もがんばっていきましょう!

 

※当記事の内容は、執筆者の個人的な意見、見解であり、エイチスクエア株式会社としての見解ではありません。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. メイ首相が不信任投票が行われることになった。投票は、12日のGMT6PM~8PM(日本時間13日午前…
  2. イギリス、フランス、イタリアとゴチャゴチャいろいろ。と言ってもフランスやイタリアの事はさして注目され…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 12日、大幅反発。日経平均、TOPIXともに下向きの-2σや5…
  4. 12日、3日ぶりの大幅反発。米中貿易摩擦への警戒が後退したことが押し上げ要因 12日、前夜のナイト…
  5. マーケットコメント-経済指標 12日、内閣府が発表した10月機械受注統計は前月比+7.6%と2ヵ月…
  6. 残りは、ドラギとパウエルだけとなった。すっかり、今年の相場は終焉というような印象であるが、円がらみだ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  2. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook