☆頑なドイツ、ギリシャの「一時的なユーロ離脱」検討

スポンサーリンク

土壇場に至ってもギリシャ問題は、なかなか進展しない。11日にユーロ圏財務相会合では、740億ユーロ(約10兆円)に上るギリシャ向けの新たな支援策について協議したが結論はでず、12日のユーロ圏首脳会議の前に、もういちど財務相会合を開催することになった。まぁ、推移を見守るしかないのだが、

しかし、ここまでもつれるとは、正直に言って、予想外だった。ユーロ圏におけるギリシャの信認がここまで下落しているとは、思わなかった。また、ドイツは、ドイツ連銀の動きをみても、理屈を通そうとするので、ある程度は予想はできたが・・・。

ここまでくると、地政学的なリスク等を含め、高度に政治的な判断になるので、予断を許さない。ギリシャは先月29日から銀行での預金の引き出しや海外送金の制限などの資本規制が続いている。国民に困窮を強いており、いつまでこれが持つのか。チプラス政権は、ユーロ残留を表明しているが、もし、ギリシャ国内で暴動等が発生しようものなら、そうも言ってらないだろう。借用証書(IOU)を発行する可能性もある。その時は、ユーロ離脱の第一歩と考えた方がよさそうだ。

・ドイツがギリシャの一時的なユーロ離脱を提案?
独紙などが、ドイツが「ギリシャの一時的なユーロ離脱を提案」したと報道したようだが、ユーロからの離脱規定がないので、この提案は、現段階では無意味だろう。ただ、ギリシャへのプレッシャーにはなる。また、ドイツの世論がギリシャのユーロ圏離脱を支持しているので、最終的に債権団とギリシャが歩み寄り、ギリシャの債務再編がまとまった際、ドイツ国民へのアピールにはなるだろう。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 多田幸大氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワ…
  2. 注目された米雇用統計は、またもや予想を大幅に上回る好結果となりました。ただ、市場の反応は限られ、ドル…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 3日、高寄り後上げ幅を縮めるも下向きの5日MAがサポートになっ…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 3日、閑散に売り無しの格言通り、取引終了にかけてもち直し続伸し…
  5. マーケットコメント-経済指標 1日、6月調査日銀短観、大企業製造業は2009年6月調査以来11年ぶ…
  6. 今日から7月ですね。ドル円は、東京時間の初っ端から買われて、108.16まで上昇しました。ただ、振り…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook