FRBスタッフ見通し、利上げは年内1回なら日銀は?

スポンサーリンク

先日、米連邦準備理事会(FRB)のスタッフ予想が、誤って公表された。それによると、年末までに0.25ベーシスポイント(bp)の利上げが1回、インフレ率は今後5年間低水準にとどまると見通しとなっていた。

・製造業のインフレ進まず
米国のインフレ率については、製造業などは、この10年ほとんど上がっていないが、サービス業については、10%以上上がっている。このため、皮膚感覚としては、NYに住んでいる友人などに言わせると、2%どこのインフレ率ではないという。また、雇用統計をみると、賃金の上昇が鈍く、このことも、インフレ率が高く感じる要因となろう。

ただ消費者物価指数をみる限りでは、原油価格の下落のせいもあろうが、インフレ率は以前として低い。現時点で、もっとも景気のいいとみられる米国でさえ、6月のCPIが前年同月比では0.1%上昇、昨年12月以降で初めてプラスとなり、コアCPIは同1.8%上昇といった程度である。

・黒田バズーカ第3弾?
これをみると、日本が、2.0%のインフレ目標を達成できるのかは、甚だ疑問だ。黒田日銀総裁の強気な発言は、どこから出てくるのだろうか。昨年10月31日に黒田バズーカ第2弾を打ち上げた時の、原油価格は80ドルだ。それが、いまは47ドル台まで下落している。それでも2%達成できるとするなら、原油価格の急騰でも必要だろう。ちょっと、穿った見方だが、サプライズ好きの黒田総裁のことなので、自信をのぞかせておいて突如、黒田バズーカ第3弾を用意しているのではないだろうか。今後の日銀金融政策決定会合には、注意したい。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 注目された独GDPは、0.1%増となり、リセッションは回避されました。リセッションが回避されるなら、…
  2. WSJやFTが米中交渉難航を伝え、ナバロとロスが上首尾とコメントする。市場は以前ほどの反応を見せなく…
  3. 円が多少反発気味。皆円売りだから、しこりだしているのかもしれないね。それ以外は無風。NZの金利据え置…
  4. きょうの戦略$/¥=109.13円(11月13日) TSR : 109円13銭 本日の予想レンジ…
  5. 値動きが悪すぎるね。パウエルFRB議長の議会証言を控えて動きにくいのかもしれないが、ドル円にせよ、ユ…
  6. マチマチ、チンタラ、フラフラ、チマチマの為替市場。 (11月12日。夜。) 行きつけの歯医者…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook