☆8月相場は豪ドルに注目!

スポンサーリンク

いよいよ8月相場に入ります。今年は暑い日が続いていますが、マーケットはどうなることでしょう?
月初ということもあり、8月のアノマリーを見てみました。過去のデータから8月に、もっとも熱くなる通貨をうらなってみました。すると、どうやら8月は”豪ドル”に注目のようです。

・豪ドルの陰線確率が8割
過去10年の主要通貨、株価指数、コモディティの8月の月足を調べると、過去10年に限って言えば、オージー・ドルがなんと2回しか、陽線が立っていません。つまり2勝8敗です。
オージー・ドルの過去10年8月の4本値
AUD_8
上の表をご覧いただければ、お分かりのように、4連敗して白星、そしてまた4連敗して白星となっています。あくまで、アノマリーなので、この理由は定かではありまえが、陰線の出やすい傾向があるのは事実です。より幅広く1990年からの25年間をみると、10勝15敗なので、陰線確率が6割に落ちてしまいます。ただ、1990年といまでは、世界経済のつながり方が違うので、一つの国や地域の金融危機が遠隔地域にも次々と伝播する自体となった1997年のアジア通貨危機以降でみると、5勝13敗と約73%の確率で陰線が立っています。7割を超えているので、8月には陰線が立ちやすい傾向があると言えそうです。

では、同じようオージー・円でみていると以下の表にようになります。
オージー・円の過去10年8月の4本値
jyad_8
こちらも、過去10年では、2勝8敗。1990年からの25年間では8勝17敗と68%の陰線確率です。オージー・円より高いです。さらにアジア通貨危機以降となる1997年以降の数値をみると、なんと3勝15敗となり、約83%の確率で陰線が立っています。どうやら、8月のオージー売りには、妙味がありそうです。

なお、各通貨や株価、コモデティについては、「FOREX NOTE 2015 為替手帳」のP218をご覧いただければと思います。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 米中貿易摩擦の影響だが、コモディティには大きく出ているが、株や為替にはいまのところ影響は限定的だ。株…
  2. ECBで今週は終わりかと思っていたら、15日は米中貿易摩擦でコモディティ市場が大荒れとなりましたね。…
  3. 先週は、米朝首脳会談に始まり、FOMC、ECB、そして最後には米中の関税合戦が待っていました。 …
  4. 前日の余韻相場は、欧州の途中までで、後は静かになってしまった。ユーロはあまりに短時間に沈んだので、週…
  5. きょうの戦略$/¥=110.30円(6月15日) TSR : 110円30銭 本日の予想レンジ …
  6. ECBには、びっくりしたねー。この間まで、6月にも買い入れ終了って言っていた理事も結構いたのにねー。…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook