☆12月24日のポイント・・・荒れるクリスマスイブか?

スポンサーリンク

今日はクリスマスイブ、そして明日はクリスマ、いつもなら一年で一番マーケットが静かになる。去年は、クリスマスイブが日曜に当たったので、22日の米国金融市場が半ドンとなったのだが、この日のドル円の値幅は19銭、クリスマス当日が13銭、そして、26日のボクシングデー(米国は開場)が23銭だった。

さて、今年はどうだろうか。先週末の米株安、債券高(金利は低下)、原油安、ドル円の下落、そして、トランプ大統領がパウエル議長の解任を議論したとの話などを考えると、週明けに相場が荒れても不思議はない。パウエル議長の罷免だが、連邦準備法では、大統領に罷免する権限はあるが、正当な理由が必要であるとのことだ。自身の考えと合わないことが、正当な理由にはならないだろう。

このようなトランプ大統領の行動が、米国への不信感を募らせ、米金融市場からお金が逃避する要因になっているのでは、ないだろうか。しかも、2月にはマティス国防長官が辞任する。なんだか、来年は大荒れになりそうだ。

目先の相場についていえば、ユーロ円が126円台前半まで下落しており、ドル円は下攻めがしやすいだろう。年内に110円割れがあってもおかしくないとみる。来年あたりは、高いスワップ払っても、ドル円のショートで大きくとれる場面があるだろう。ユーロ円は8月の安値がある124円台が目先の下値目標と考えている。

さて、ご好評をいただいている「為替手帳」の2019年版、「FOREX NOTE 2019 為替手帳」、ただいま好評発売中。2019年版の為替手帳もよろしくお願いいたします。
詳しくはこちらから↓↓↓
「FOREX NOTE 2019 為替手帳」

12月24日の主な政治経済イベントは特になりません。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ポンドだけ元気だったが、それでも値幅的にはしれている。皆の目は株式に集中。東京でもIT関連が、いろい…
  2. マーケット・サマリー 米中貿易協議で部分合意が進展するとの期待感がまだ持続している。しかしなが…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 18日、続伸。両指数ともに5日MA上を回復して終了 18日、…
  4. マーケットコメント-マーケットコメント 18日、上値の重たい値動きとなるも、香港株やドルの上昇が支…
  5. きょうの戦略$/¥=108.60円(11月18日) TSR : 108円60銭 本日の予想レンジ…
  6. 注目された独GDPは、0.1%増となり、リセッションは回避されました。リセッションが回避されるなら、…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook