<雑感>ECB理事会、利上げは一段と遠のくか

スポンサーリンク

寒い。3月の東京の雪なら何度も経験あるが、4月に雪とは…。東京郊外では、「桜吹雪に雪舞い散る」らしく、とても美しかったそうだ。

さて、為替相場だが、ただただお寒い。ドルは、軟化はしているものの、依然として111円台での取引となっている。ユーロドルは、先週の値幅が71銭と、4年ぶりの閑散。今週に入り、ようやく戻り歩調となっているが、1.13台も回復できず、上値は重い。

今夜は、そのユーロ相場にとって重要な、ECB理事会がある。先月末、ドラギECB総裁は、「マイナス金利が市中銀行の収益性に与える悪影響を和らげる準備をしている」と述べていたので、今回の理事会では、このあたりが議題となる可能性がある。これが議題に上れば、マイナス金利のさらなる長期化の思惑が広がり、ユーロ売りにつながりそうだ。

ブレグジットの混乱が続き、IMFは世界経済見通しを再び引き下げ、トランプ米大統領からは、関税導入で揺さぶりを掛けられ、EU圏にはネガティブな材料が噴出している。ECBは、緩和政策を強める方向が続きそうだ。ユーロを買いにくい状況が続きそうだ。ただ、CFTC建玉明細をみると、ユーロショートがかなり溜まっており、一時期に噴き上げる可能性はありそうだ。ただ、そこは売り場と解釈されるとみる。

ご好評をいただいている「FOREX NOTE 2019 為替手帳」ですが、黄色のカバーがほぼ完売となりました。黄色をご所望の方はお急ぎを!
また、黒のカバーも、楽天ブックス様等、一部書店で売り切れとなっております。在庫は限られております。ご購入をお考えの方は、お急ぎください。
詳しくはこちらから↓↓↓
「FOREX NOTE 2019 為替手帳」


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 19日、3日ぶりの反落。日経平均は5日MAを下回り、TOPIX…
  2. マーケットコメント-マーケットコメント 19日、3日ぶりの反落。一時下げ幅を縮めるも利益確定売りに…
  3. 相変わらずの一部報道だらけで、すっかり米中は不透明だが、東京以外の株式市場はほとんど無視。皆飽きたの…
  4. 先日、NY連銀が四半期ごとに発表している米国の家計債務状況をみると、家計債務は、第3四半期に20億ド…
  5. きょうの戦略$/¥=108.70円(11月19日) TSR : 108円70銭 本日の予想レンジ…
  6. ポンドだけ元気だったが、それでも値幅的にはしれている。皆の目は株式に集中。東京でもIT関連が、いろい…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook