☆来週の予定(7/28~)・・・FOMC、米ISM製造業景況感、米雇用統計、etc.

スポンサーリンク

注目された米4-6月期GDP速報値は、2.1%増となりました。1-3月期が3.1%増でしたので、減速にはなりましたが、アナリスト予想の中心値1.8%増を上回っています。

また、1-3月期は在庫が急速に積み上がったという特殊要因から3.1%増となりましたが、昨年10-12月期が2.2%増です。4-6月期の1.8%という数値は決して悪いものではありません。

さて、今週は、このGDPを踏まえての米連邦公開市場委員会(FOMC)です。今回のGDPをみると、米景気は減速はしたものの、依然として好調であり、他のG7諸国より、はるかに良好です。

このため利下げをするにしても、10日の米下院での議会証言でパルエルFRB議長が指摘した「予防的利下げ(クラリダ副議長)」になるでしょう。利下げ幅は0.25%です。

その場合ですが、市場は、0.25%の利下げを100%織り込んでいますので、株式市場には多少ネガティブな反応となりそうです。一方、為替市場では、ドル買い継続となるとみます。レンジの下限に接近しているユーロとオージーは面白い展開となりそうです。

一方、ドル円ですが、円安方向に動きやすいですが、クロス円が軟化しているうえ、株価が下落すれば、円売りも鈍るため、上げ幅は限られるかと思います。

来週は、FOMC以外には、米ISM製造業景況感指数、米貿易収支、米雇用統計などイベント満載です。目の離せない一週間となりそうです。暑い日々が続きますが、頑張っていきましょう!

さて、みなさまにご愛顧いただいている「FOREX NOTE 2019 為替手帳」ですが、黄色のカバーが完売となりました。まだ、書店には、あると思うので、黄色をご所望の方はお急ぎを!

また、カバー黒も、一部書店で売り切れとなっております。在庫は限られております。ご購入をお考えの方は、お急ぎください。ご愛顧、ありがとうございます。
ご購入はこちらから↓↓↓
「FOREX NOTE 2019 為替手帳」

7月28日からの一週間の主な政治経済イベントは以下の通りです。
—【29日】—————————————————————
日本小売業販売額(6月)
米ダラス連銀製造業活動指数(7月)

—【30日】—————————————————————
日本雇用統計(6月)
日本有効求人倍率(6月)
日本鉱工業生産指数(6月)
豪住宅建設許可件数(6月)
日銀金融政策決定会合
黒田日銀総裁記者会見
仏GDP(2Q)速報値
スイスKOF先行指数(7月)
南ア雇用統計(2Q)
独消費者物価指数(7月)
米個人所得・支出(6月)
米S&Pケースシラー住宅価格指数(5月)
米消費者信頼感指数(7月)

—【31日】—————————————————————
中国製造業購買担当景気指数(PMI)(7月)
中国非製造業購買担当景気指数(PMI)(7月)
豪消費者物価指数(2Q)
日本自動車生産台数(5月)
仏消費者物価指数(7月)
トルコ貿易収支(6月)
独雇用統計(7月)
香港GDP(2Q)
ユーロ圏雇用統計(6月)
ユーロ圏GDP(2Q)
ユーロ圏消費者物価指数(7月)
米MBA住宅ローン申請指数
南ア貿易収支(6月)
米ADP雇用統計(7月)
米雇用コスト指数(2Q)
カナダGDP(5月)
カナダ鉱工業製品価格(6月)
米シカゴ購買部協会景気指数(7月)
米FOMC
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 記者会見

—【01日】—————————————————————
豪AiG製造業指数(7月)
中国財新製造業購買担当景気指数(PMI)(7月)
日本自動車販売台数(7月)
香港小売売上高(6月)
英BOE政策金利発表
カーニー英中銀(BOE)総裁 記者会見
米新規失業保険申請件数
米ISM製造業景況指数(7月)
米建設支出(6月)

—【02日】—————————————————————
豪生産者物価指数(2Q)
豪小売売上高(6月)
スイス消費者物価指数(7月)
ユーロ圏生産者物価指数(6月)
ユーロ圏小売売上高指数(6月)
カナダ貿易収支(6月)
米貿易収支(6月)
米雇用統計(7月)
米ミシガン大学消費者信頼感指数(7月)確報値

※詳細はこちらのサイトで確認ください→経済統計スケジュール


☆重版出来
あの『チャートの鬼・』がついに復刻!

1994年に発売された「チャートの鬼」。投資家はもちろん、銀行のディーラーなど、実際に相場取引を行っている方が、最初に手にとる入門書として人気を博しました。

あれから24年……多くの投資家からの要望もあり、チャート分析本のパイオニア的存在が、チャートを刷新、新たな分析手法やコモディティ、金融商品の情報を加え、ついに復活。

株取引、為替取引、先物取引から、今、話題の仮想通貨取引にも活用できるチャート分析。初心者も、プロも、チャートにかかわるすべての人が1冊は持っておきたいバイブルです。
詳しくはこちらから↓↓↓


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. きょうの戦略$/¥=108.72(10月18日) TSR : 108円72銭 本日の予想レンジ …
  2. ポンドがすごいね。草案合意に近づいているようだ。先週の木曜は1.22前半だったわけだから、600ポイ…
  3. ドル円の参加者は激減している様子。私もたまに見る程度。ポンドが狂い咲きしており、本日も100ポイント…
  4. マーケットコメント-テクニカル分析 15日、大幅続伸。両指数ともにBBの+1σを上回って陽線を形成…
  5. マーケットコメント-マーケットコメント 15日、米中貿易協議の部分合意を受け、景気回復への期待が続…
  6. マーケット・サマリー 先週米中貿易交渉の第一弾が行われたが、当然最終決着に至ったわけではないが…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook