7月31日のポイント・・・FOMC、ポイントは声明&会見

スポンサーリンク

いよいよFOMCだ。0.25%の利下げが見込まれている。ほぼ100%織り込まれているため、025%の利下げとなった際は、焦点は声明とパウエルFRB議長の会見になる。いまの株価と失業率をみると、利下げの必要性があるのかわからないが、米国の製造業が傷んでいるのは、PMIをみればわかるし、実際、GMやフォードは人員削減に動いている。農業も芳しくない。

第一次産業と第二次産業が減速する一方、第三次産業は好調。IT化による産業の変化の過程でこういった状況になっているかもしれないが、利下げの正当性がないわけではないのだろう。まぁ、利下げとなれば、低金利で資金調達して、自社株買いをする企業も多いだろうし、米株の上値余地が広がるとみる。

ちょっと話が逸れたが、0.25%の利下げの際の為替市場だが、声明か会見で、利下げは年内あと一回で0.25%が示唆されても、0.50%の利下げのある程度織り込まれていることから、極端にドル売りに反応にはならないような気がしている。逆に株高から、ドル円の円安方向に動く可能性も考えておきたい。なんだか、最近、円高派が多くなっていて、嫌な感じがしている。個人的には、円高で見ているが、FOMCがあるので、ポジションを少し落とした。ほんと、無駄に時間とスワップを払ってしまった。正直、上でも下でもいいので、動いて欲しいですわ。

ご好評をいただいている「FOREX NOTE 2019 為替手帳」ですが、黄色のカバーが完売となりました。

また、黒のカバーも、楽天ブックス様等、一部書店で売り切れとなっております。在庫は限られております。ご購入をお考えの方は、お急ぎください。
詳しくはこちらから↓↓↓
「FOREX NOTE 2019 為替手帳」

7月31日の主な政治経済イベントは以下の通りです。
8:01
英7月GfK消費者信頼感
予想-12(前回-13)
10:00
中国7月製造業PMI
予想49.6(前回49.4)
中国7月非製造業PMI
予想54(前回54.2)
10:30
豪6月民間部門信用
前月比:予想0.30%(前回0.20%)
前年比:予想3.50%(前回3.60%)
豪第2四半期消費者物価指数
前期比:予想0.50%(前回0.00%)
前年比:予想1.50%(前回1.30%)
豪第2四半期消費者物価指数トリム平均値
前期比:予想0.40%(前回0.30%)
前年比:予想1.50%(前回1.60%)
豪第2四半期消費者物価指数加重中央値
前期比:予想0.40%(前回0.10%)
前年比:予想1.20%(前回1.20%)
16:55
独7月失業者数(千人単位)
予想-2500(前回-1000)
独7月失業保険申請率(季調済)
予想5.00%(前回5.00%)
18:00
ユーロ圏6月失業率
予想7.50%(前回7.50%)
ユーロ圏7月消費者物価指数速報値
前年比:予想1.10%(前回1.20%)
コア/前年比:予想1.00%(前回1.10%)
ユーロ圏第2四半期GDP速報値
季調済/前期比:予想0.20%(前回0.40%)
季調済/前年比:予想1.00%(前回1.20%)
21:15
米7月ADP雇用統計
予想15万(前回10万2000)
21:30
米第2四半期雇用コスト指数
予想0.70%(前回0.70%)
22:45
米7月シカゴ購買部協会景気指数
予想51.8(前回49.7)
3:00
米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利
予想2.00-2.25%(前回2.25-2.50%)
3:30
パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長 記者会見  


☆重版出来!
あの『チャートの鬼』がついに復刻!
1994年に発売された「チャートの鬼」。投資家はもちろん、銀行のディーラーなど、実際に相場取引を行っている方が、最初に手にとる入門書として人気を博しました。

あれから24年……多くの投資家からの要望もあり、チャート分析本のパイオニア的存在が、チャートを刷新、新たな分析手法やコモディティ、金融商品の情報を加え、ついに復活。

株取引、為替取引、先物取引から、今、話題の仮想通貨取引にも活用できるチャート分析。初心者も、プロも、チャートにかかわるすべての人が1冊は持っておきたいバイブルです。
詳しくはこちらから↓↓↓
</a


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. きょうの戦略$/¥=108.55円(12月10日) TSR : 108円55銭 本日の予想レンジ…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、4日ぶりの小幅反落。両指数ともに5日と25日MA上を維…
  3. マーケットコメント-マーケットコメント 10日、4日ぶりの反落、米中貿易協議の不透明感が上値の重石…
  4. 今週は山場であるが、今週何もなくても、年末年始、とくに年始に仕掛ける向きが多い。過去のデータを調べて…
  5. 今週は、明日の米連邦公開市場委員会(FOMC)、12日の英総選挙、ECB理事会、そして15日の対中制…
  6. マーケットコメント-テクニカル分析 9日、3日続伸、両指数ともにBBに押し返されるもTOPIXは年…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook