☆キーウィが再び安値更新、ユーロは戻り歩調=先週の為替相場(8/3~)

スポンサーリンク

先週の為替相場は、人民元切り下げに翻弄された。流れとしては、12日の東京時間までドル買い、その後はその調整場面といった感じだ。たた、各通貨を細かくみていくと、それぞれ違う顔をみせる。先週の騰落率表を見ながら、考えていきたい。

・オージーの底入れはまだか
人民元の切り下げということで、オセアニア通貨への打撃が最初にあった。キーウィが0.6468ドル、オージーは0.7217ドルとともに再び年初来安値を更新した。オージーは、その後、戻り場面となったが、キーウィは14日のクローズが0.6547ドルと、まだ下値を探る展開が終わりそうにない。オージーにしても、0.7217ドルを付けてからの戻りには、勢いがあったが、底入れしたとは思えない。ドルカナダやキーウィ・ドルの動きをみると、ドルが天井を付けたとは思えないうえ、資源価格の下落も止まっていないからだ。現状、0.7200ドルが大きな節となったが、これを再度、試す場面はくるとみる。

・ユーロのファンダメンタルズに視線が
騰落率表をみると、ユーロの強さがうかがえる。ギリシャ問題は、徐々に整理されてきた。市場が、ユーロ圏の混乱という材料から、米国の利上げという材料の物色に移行しているのは事実だろう。そうなると、ユーロという通貨を見る目が、多少、ファンダメンタルズに戻ってくるのだろうか。膨大が経常黒字を抱えているうえ、各国の景気も通貨安により、戻ってきている。テクニカル的にも、0.80ドルが支持されており、押したところは買いでいいかと思っている。アナリスト達の多くが、ユーロ売りをまだ推奨しているのをみると、買いで勝負できると感じてしまう。えっ、ドル・円?これも、個人的にはショートの回転としている。125円台を売っているが、失敗するまで続けるつもりだ。
toraku0816


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. なんだか分かりにくい相場となってきた。大きくみると、株式相場が堅調、債券相場は下落(利回りは上昇)、…
  2. 市場もコロナ感染したみたいにけったるい動きになってきた。ポンドは堅調で、ジョンソンがいてもいなくても…
  3. きょうの戦略$/¥=108.98(4月8日) TSR : 108円98銭 本日の予想レンジ : …
  4. 今週に入り、相場の流れが変わってきたのかな。前日のダウ平均株価は1627ドル高と爆謄、そして、このブ…
  5. ドル安相場に回帰している。米国株は、コロナピークアウトと考えて上げていた。ピークアウトなら、意味不明…
  6. マーケットコメント-テクニカル分析 7日、日経平均、TOPIXとも下向きの25日MAを上回って終了…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook