<雑感>ウォーミングアップ?ドル円は戻り売りか

スポンサーリンク

トランプさん、中国だけでなく、アルゼンチン、ブラジル、そしてフランスにまで噛みついていますね。なんだか、ゴジラが口から出す「放射熱線」をあたりかまわず吐き出している光景が目に浮かんできました。

しかし、米中の覇権争いは、トランプさんという予測不能なプレイヤーの登場により、一段と混迷の度合いが増しています。直近のトランプ米大統領の発言で、米中合意が遠退いたと思っていたら、この原稿を書いている最中に、今度は「US, China move closer to trade deal despite heated rhetoric(ドンパチやりながらも、合意間近)」とのニュースが流れ、ドル円は108.45付近から108.75付近に上昇しています。

最近の為替相場、ニュースに振り回されるだけの相場になってしまうので、丁半バクチをやっているのとあまり変わらないように思います。その割に、値幅も出ず、投資妙味はあまりないです。こういう相場は、無理に参加する必要はないと考えます。また、もし参加するなら、こういう時は、レバレッジを下げて、取引はプライスだけに集中してやるしかないかと思っています。

いま、私がショートするなら、こんな風に考えています。今週2日からの下げ相場で、下げが加速したのは、109.40-50付近と108.80-90近辺です。また、2日の高値109.72から今日の安値107.40の38.2%戻しが108.90付近、そして、現在、200日移動平均線が108.89にあります。そうすると、108.70-90あたりというのは、戻り売りポイントになってきそうです。いまのドル円相場は、ロングが溜まっているので、戻りは売りが出やすいとみています。

さて、どうなることやら。大きく動くとすれば、来週と考えており、今週も値幅は限られるとみていました。ただ、トランプ発言少し動意付き始めたので、ウォーミングアップが整えば、来週は案外、面白くなるかと思っています。

堀内さん監修「FOREX NOTE 2020 為替手帳」
今年で13年目になります。これもひとえに、みなさまのご愛顧あってのことです。本当にありがとうございます。

卓上カレンダーも好評発売中!!


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 為替相場は、冴えない日々が続いていますね。高値更新でも盛り上がらない相場というのを久しぶりにみました…
  2. 驚く沈黙相場。新値相場だが、参加者が増えないと言う不可思議な不人気相場。中国の減速が騒がれていたが、…
  3. NYダウ   29297.64 + 267.42(+ 0.92%) ナスダック …
  4. きょうの戦略$/¥=110.00(1月17日) TSR : 110円00銭 本日の予想レンジ :…
  5. 円が異様な弱さ。スイスフランが異様な強さ。そんなわけで、日本人観光客はスイスに行くと日本の落ちぶれ枯…
  6. ドル円は、14日に昨年12月2日の高値109.73をようやく上抜き、さらに110円台に突入し、110…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook