12月11日のポイント・・・いよいよFOMC、ドットチャートに注目

スポンサーリンク

今週は、イベント満載の一週間ですが、その第一弾がきょうの米連邦公開市場委員会(FOMC)となります。先日発表された11月の米雇用統計は、失業率が3.6%→3.5%に低下、非農業部門雇用者数は予想18.3万人増に対し、なんと26.6万人増となりました(来月、下方修正される可能性がありそうですが)。GMのスト終結が反映された11月の雇用統計ですが、非常にいい内容です。

これまでの米連邦準備制度理事会(FRB)の政策の正しさを証明した格好となり、今日のFOMCは、現状維持で間違いないでしょう、そうなると、焦点はドットチャートになりそうです。FRBメンバーの今後のFF金利見通しが示されるドットチャートですが、前回、公表された9月時点では、2020年の1.9%、21年が2.1%、22年が2.4%でした。

FRBは、7月以降、3回連続で利下げしたことにより、来年現状維持なら1.50-1.75%になります。予想の中央値が現在のffレートより上がるようなことがあれば、多少ドル買いに振れる可能性もありそうです。

ただ、中長期的にみると、日本の2年債金利がジワジワと上昇していることもあり、FRBが来年、金利を動かさないなら、トランプ米大統領がドル安政策をとる可能性があることから、ドル円については、円高方向に動くことも考えられそうです。

12月11日の主な政治経済イベントは以下の通りです。
22:30
米11月消費者物価指数
前月比:予想0.20%(前回0.40%)
前年比:予想2.00%(前回1.80%)
コア/前月比:予想0.20%(前回0.20%)
コア/前年比:予想2.30%(前回2.30%)
4:00
米11月月次財政収支
予想-2062億(前回-1005億)
米連邦公開市場委員会(FOMC)政策金利
予想1.50-1.75%(前回1.50-1.75%)
4:30
パウエルFRB議長記者会見

堀内さん監修「FOREX NOTE 2020 為替手帳」
今年で13年目になります。これもひとえに、みなさまのご愛顧あってのことです。本当にありがとうございます。

卓上カレンダーも好評発売中!!


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 為替相場は、冴えない日々が続いていますね。高値更新でも盛り上がらない相場というのを久しぶりにみました…
  2. 驚く沈黙相場。新値相場だが、参加者が増えないと言う不可思議な不人気相場。中国の減速が騒がれていたが、…
  3. NYダウ   29297.64 + 267.42(+ 0.92%) ナスダック …
  4. きょうの戦略$/¥=110.00(1月17日) TSR : 110円00銭 本日の予想レンジ :…
  5. 円が異様な弱さ。スイスフランが異様な強さ。そんなわけで、日本人観光客はスイスに行くと日本の落ちぶれ枯…
  6. ドル円は、14日に昨年12月2日の高値109.73をようやく上抜き、さらに110円台に突入し、110…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
  3. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook