ようやく豪ドルは調整か?米中関係緊張

スポンサーリンク

米中関係の緊張が、高まってきた。今日から始まった全国人民代表大会(全人代)で、李克強首相は、「香港統治で一国二制度を堅持する」、「国家安全巡り香港の法律を完全なものにする必要がある」と述べた。また、台湾については、「台湾の市民には独立運動への反対を奨励」とした。

昨日、トラン米大統領は、「中国が香港に国家安全法を導入した場合、米国として対処する方針だ」と述べている。また、米国務省は、台湾に魚雷18発を1億8000万ドル(約190億円)で売却することを承認したと発表した。

否が応でも、米中関係は緊張する。ただ、現在、起こっていることが、米中の覇権争いであるなら、この事象は少なくとも5年、10年のスパンで考える必要がある。その意味では、きのう、今日の出来事は、ほんの序章の序章に過ぎない。また、11月の米大統領選で、トラン米大統領が負けたとしても、状況がドラスティックに変わることもない。産業構造、政治体制に大きな変化がないからだ。

なんて、大風呂敷を広げてしまったが、米中関係、正確には、文明の衝突と考えている。この件をあまり突っ込んでもしょうがないので、市場に与える影響をみると、香港ハンセン指数が6%弱の急落となり、オンショアでは、人民元が対ドル下落し、4月2日以来の安値水準まで軟化している。

市場全体としても、リスクオフとなりつつある。為替市場で考えると、オージーがやや軟化している。この通貨、3月下落から非常に強い動きをみせてきたが、0.66台乗せに失敗し、タイミング的にも、そろそろ調整安になってもいいころ合いだ。豪中関係が緊張しているにも関わらず上げてきた相場でもある。まずは、0.6500付近が支持になろうが、これを下抜くと、売りが加速する可能性もあるとみる。まぁ、個人的には、0.6600をバックに売りで臨んでいる。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 月末の金曜日と言う事で複雑怪奇な為替となった。トランプはまだ記者会見しない。彼の事だから、習近平はほ…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 29日、5営業日ぶりの小反落、日経平均は200日MA上を維持す…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 29日、5営業日ぶりの小反落。米中の対立に対する警戒や利益確定…
  4. マーケットコメント-経済指標 29日、経済産業省が発表した4月鉱工業生産指数は前月比-9.1%と予…
  5. ユーロがようやく1.10台前半の壁を上抜いてきた。ずいぶん、時間がかかったなぁという印象だ。もっとも…
  6. きょうの戦略$/¥=107.66(5月28日) TSR : 107円66銭 本日の予想レンジ :…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook