<雑感>内憂外患、米株高の変調は近いか

スポンサーリンク

米国、ひどいことになってしまいましたね。警官に拘束されていた黒人男性の死亡事件を巡る抗議デモが全米各地で発生、その一部が暴徒化しています。首都ワシントンでも、煙が上がり、これに対し、トランプ大統領はワシントンに軍を配備すると表明しました。

先ほどまで、CNNのLIVEを見ていたのですが、トランプ米大統領は、州知事に「デモ隊を制圧(dominate)せよ」と通達しており、なんだか悲しくなりました。私が米国にいた92年にも、白人警官による黒人への暴力(ロドニー・キング事件)をきっかけに、ロサンゼルス暴動が発生、そして全米に飛び火しました。近所の日本人教会が襲撃にあい、とても怖い思いをしたのをいまでも忘れません。

いまの米国は、外交は対中問題、内政は人種問題と内憂外患となっています。この状況で、米株に大きな変調がないのは、やはり違和感があります。一部では、株価は米連邦準備制度理事会(FRB)次第になっているとの見方もあります。

ただ、リーマンショック後の超緩和政策が、歴史的な株高と同時に社会格差を広げたこと、そしてそのことが社会コストを上昇させていることを考えると、どこかで、このツケを支払うことになると思います。

いま起こっているドル安の流れは、その兆候かもしれません。米株の異変が起きるのも、そう遠くなさそうです。ドル安、米株安、問題は米債安となるかですが、債券市場については、いまの時点で米債が売られる可能性は低いとみています。

しかし、ユーロドルは、重要なところで上値が抑えられていますね。1.1150-1.1250は、ユーロドルにとっては分水嶺です。1.1250を超えてくると、中長期のユーロ高相場が始まるとみています。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 昨日は、再びドル安が進行する展開となった。金がついに1800ドルを突破し、1818ドルまで上昇した。…
  2. マーケットコメント-テクニカル分析 8日、続落。日経平均は5日と25日MAを、TOPIXは5日MA…
  3. マーケットコメント-マーケット情報 8日、続落、取引終了にかけて下げ幅を拡大、ETFの分配金絡みの…
  4. きょうの戦略$/¥=107.52(7月8日) TSR : 107円52銭 本日の予想レンジ : …
  5. 7日の相場は、なんだか質の悪い相場だったね。東京から欧州序盤までドル買い、その後、NY序盤までドル売…
  6. ドル円の動きがお粗末。なるほど、個人投資家が離れていくと言うのも理解できることだ。これでは、株式市場…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook