☆ギリギリ、ギリシャ

スポンサーリンク

食傷気味のギリシャ問題ですが、それでも、ギリシャ2年債利回りが、債務危機が深刻化していた2012年以来初めて30%を突破しました現実をみると、デフォルトが近づいていることも意識しておかないといけないようです。ただ、マーケットの反応をみると、かつてのようにユーロが一方的に売られているわけでもなく、むしろ買われている場面もあります。おそらく、マーケットはギリシャのデフォルト、ユーロ離脱を織り込んできているのでしょう。

いや、織り込んだつもりになっているだけかもしれません。実際、デフォルトや離脱になれば、どの程度、影響が出るか、正確には誰にもわかりません。リーマンショックの時も、まさかリーマンブラザーズが倒産するとは誰も思っていませんでした。ベアスターンズが救済されるなら、リーマンだってと思っていたはずです。パニックの時は、想像がつかないようなことが起きます。ギリシャがデフォルトとなれば、次はどこ? という話にもなるでしょう。ユーロは、思わぬ安値が出る可能性もあるかと思います。逆にギリシャがこの危機を乗り越えれば、ユーロ圏の経常黒字、回復傾向にある欧州経済を背景に、一気に買いが加速するでしょう。

正直、どちらに転ぶかわかりません。でも、これだけ煮詰まった相場なので、一度、方向が決まれば、その方向に大きく振れるとみています。

ユーロ・ドルでいうなら、1.04-1.11のレンジ放れに素直に付くのが一番かと思います。オプションができるのなら、アット・ザ・マネー付近のコールとプットの両方を買う、いわゆる「ストラドルの買い」もいいかと思います。

どちらにトレンドが発生するかわからないなら、わかってから取引をするのも、いまのユーロ相場ではありです。もしくは、どっちに行くかわからないけど、大きく振れることに期待してポジションを作る。方向性をあてるだけが、トレードではありません。いろいろな取引の選択肢を考えてみるといいと思います。

 

※当記事の内容は、執筆者の個人的な意見、見解であり、エイチスクエア株式会社としての見解ではありません。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 14日、まちまち。日経平均は小幅高、TOPIXは小幅安でBBの…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 14日、まちまち。日経平均はSQ値を下回り方向感のない値動きと…
  3. NYが来ても静かな市場。あの金ですら動いていない。今日の円は、トルコより強いです、はい。全般静かなド…
  4. 多田幸大氏のコラム。株式、為替、コモディティ相場のトレンドや、今後想定されるシナリオと投資戦略。eワ…
  5. きょうの戦略$/¥=106.78(8月14日) TSR : 106円78銭 本日の予想レンジ :…
  6. 全体的にドル安になってきました。ユーロドルは1.1863付近まで戻す場面がありました。ポンドも、1.…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook