☆いよいよFOMC、次の波に乗る準備を

スポンサーリンク

いよいよ、米連邦公開市場委員会(FOMC)が迫ってきました。日本時間18日午前3時にFOMCの結果発表、同午前3時30分からイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見が予定されています。

・利上げ、それとも見送り?
利上げ、据え置き、予想は拮抗しています。どちらに転んでも不思議はない状況です。経済指標をみると、雇用は改善しているのですが、相変わらず物価が上がってこないところが、非常に悩ましいところです。物価のこと、さらには現状の株式市場の不安定さを考慮するなら、利上げを見送る可能性が高いです。ただ、そうなると、今年に利上げのチャンスは、10月と12月の2回しか残されてなく、マーケットには、様々な思惑が広がり、引き続き大荒れの相場となりそうです。

3つのシナリオ
一番望ましいシナリオとしては、25bpsの利上げを実施して、声明で今後の利上げはゆっくりとなり、しばらくは利上げしないというニュアンスがマーケットに伝われば、市場も安定するのではないでしょうか。次に望ましいのは、12.5bpの利上げをし、やはり今後の利上げのペースは緩やかであり、年内にもう一度利上げを実施するとしても、12.5bpになるとのメッセージが伝われば、株価の安定にはいいと思います。そして、利上げをしない場合ですが、声明では利上げのタイミングが近いとの発言は出るでしょうから、マーケットは再び疑心暗鬼になり、次の10月のFOMCまで、相場は荒れると考えています。

・次の波に乗る準備を!
可能性の話ということなら、25bp一気に上げて、株式市場が急落するのをFRBとしては嫌がり、利上げのを次回に延期する可能性が比較的高いかと思っています。正直に言って、FRBがどう舵を切るかは、どうにもかわかりません。ただ投資家としてできることは、いまはポジションを減らす、できれば、ノーポジションでFOMCを迎え、キャッシュポジションを高めることでしょう。新しい相場が始まる可能性があるので、ポジションを持つのではなく、次の波に乗ることを考える場面かと思います。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 2020/2/27

    ご都合主義
    新型コロナウイルスの感染拡大から、株式市場は大きく売り込まれている。その割には、ドル円の下げが限定的…
  2. 今の円安は、トヨタの儲けが増えたなんて昔みたいな事を言っている人たちもいるが、弱くなっている個人消費…
  3. マーケット・サマリー 海外では、コロナウィルスの世界的な感染拡大傾向への不安を反映して、各国の…
  4. 今週は、ドル円が久しぶりに大きく動きました。19日は174ポイントの値幅がでましたが、これは昨年8月…
  5. 2020/2/20

    日本売り?
    ドル円が、10月から続いた107円台後半~110円台前半のレンジから上放れた。2月上旬から110円台…
  6. 厚生労働省の発表によると、17日現在、日本国内での新型コロナウイルスの陽性反応者は59名、クルーズ船…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook