☆踏みも投げも出ない資源国通貨

スポンサーリンク

雇用統計前、利上げへの思惑、等々あるのでしょうが、どの通貨も方向性が出ません。ただ、それでも、概ね、売り優勢の展開が続いている通貨があります。それは、オージーとカナダドル、ともに資源国通貨です。原油価格の下落や、世界的なデフレ懸念などが背景にはあるとみています。

・オージーもカナダもトレンド継続
ただ、そういったファンダメンタルズも重要なのですが、短中期のトレードがメインの場合、値動きがさらに重要です。その値動きをみると、オージー・ドルなら、突っ込んでも0.69ドル台で概ね切り返されおり、買い方は投げきっていないでしょう。0.69ドルを割っても中途半端な下げにしかならないなら、0.65ドル台を目指す展開になっていくとみています。

一方、ドル・カナダは、上昇しても、1.32カナダドル(CAD)台、1.33CAD台、1.34CAD台で、一度は調整をされている。これでは、売り方は少し損切りしては、また売りとなるので、踏み上げ相場にはならないでしょう。ポイントは、1.35CADとみています。この水準を抜いてくるなら、2004年6月5日の高値1.3819CADを目指すと考えています。

・米雇用統計、そして利上げの流れなら
今週の金曜日は、ご存じの通り、米雇用統計があるのですが、ここで8月の非農業部門雇用者数(NFP)の数字が上方修正され、20万人台に乗り、9月の数値も20万人台なら、10月利上げの観測が強まるでしょう。最近、利上げ→株安でリスク回避のパターンとなりことが多いのですが、リスク回避時に買われない資源国通貨には、上記したように売り妙味がまだあるように思います。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ポンドがすごいね。草案合意に近づいているようだ。先週の木曜は1.22前半だったわけだから、600ポイ…
  2. ドル円の参加者は激減している様子。私もたまに見る程度。ポンドが狂い咲きしており、本日も100ポイント…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 15日、大幅続伸。両指数ともにBBの+1σを上回って陽線を形成…
  4. マーケットコメント-マーケットコメント 15日、米中貿易協議の部分合意を受け、景気回復への期待が続…
  5. マーケット・サマリー 先週米中貿易交渉の第一弾が行われたが、当然最終決着に至ったわけではないが…
  6. 米中の部分合意というのは、実際はどうなのだろう。中国サイドから、署名前にさらになる交渉を希望との報道…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook