☆年間の値幅10円の可能性も

スポンサーリンク

先週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)、日銀金融政策決定会合とビッグイベントが2つもありましたが、終わってみれば、ドル円は元の木阿弥といったところでしょう。実は、先週後半から出張に出ていた関係で、マーケットを熟視できていないかったのですが、ようやくキャッチアップできてきたので、少し感じたことを書かせていただきます。

・セット割り?
まず、日銀金融政策決定会合ですが、やはり現状維持でしたね。外資系証券会社から、追加緩和のレポートが出てためか分かりませんが、意外と追加緩和のつもりポジションを取っていた向きも多かったようです、結果発表直後に120.31円まで突っ込みました。ただ、すぐさま補正予算の話が出て、121円付近に戻しました。このタイミングは、偶然ではなく、追加緩和見送りと補正予算の話はセットだったのでしょう。その後、121円付近でもたついていたところに、突然かなりまとまったドル買いが入ってことで、121.50円付近まで上昇しました。ただ、やはりあとが続かずでした。ポジションの偏りを考えると、日銀金融政策決定会合後の、120.31円までの下落では、投げが出てないでしょうから、依然としてロングが溜まっているとみます。

・年間の値幅10円か
ただ、122円台に向かって買っていくような勢いも感じられず、今年は、安値が1月16日の115.85円、高値が5月28日の125.86円と、わずか10.01円の値幅になってしまうのでは、と思っています。ドル円を主戦場としている私には、干ばつ相場です。現状、個人的には、円高方向のポジションを取ることが多いのですが、それでも、この値幅ではできることも限られますし、いまはお休みの時と割り切って、ポジションサイズは小さくしています。休むも相場ですかね。

・ユーロに注目
それでは、動いている通貨を探せ!って話になるのですが、面白い動きとなっているのは、ユーロです。以前も書きましたが、1.08ドルを割ってくると、投げを呼び、1.05ドル台をみるかと考えています。ユーロ・円は、133円を割ったが、走らず。ということは、この相場は、ユーロ円主導ではないのでしょう。小さいロットですが、戻り売りを考えています。


「FOREX NOTE 2016 為替手帳」予約受付開始!

ご予約はこちらから↓↓↓
 FOREX NOTE 2016 為替手帳 予約受付中

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 今週もトランプ砲やら正体不明(私が知らないだけですが)の円売りやら、ろいろありました。正体不明の円売…
  2. ドイツが財政支出を検討とか、財政均衡放棄みたいな話が出てから、独債金利が回復し、ユーロも反発に転じた…
  3. マーケットコメント-マーケットコメント 16日、小反発。日経平均は2月8日の水準をサポートに上ヒゲ…
  4. マーケットコメント-マーケットコメント 16日、小動き閑散で方向感の無い値動きとなるなか小幅反発で…
  5. ようやくユーロが下がってきた。ユーロポンドにも変調がうかがえる。そして、レーン・フィンランド銀行(中…
  6. きょうの戦略$/¥=106.15(8月16日) TSR :  106円15銭 本日の予想レンジ …

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook