☆中国が利下げ、昨年11月以来3度目

スポンサーリンク

中国人民銀行(中央銀行)のHPによると、同行は、10日夜、0.25%の利下げを決定したようだ。1年物基準貸出金利を現行の5.35%から5.10%へ、1年物預金金利を同2.50%から2.25%へそれぞれ0.25%引き下げると発表した。新たな金利は5月11日から適用される。中国の利下げは、昨年11月以来、3回目だ。3月1日にも利下げがあったのだが、この時も日曜日だった。まったく、迷惑な話だ(笑)。土曜日に発表された、同国の物価関連の指標も芳しくなかった。中国政府は、かなりの危機感を持っているのだろう。

・先週末は噂で買われて。。。 
さて、これで、また、明日の中国株は上昇となる。為替への影響だが、オージーを中心にオセアニア通貨も多少は買いからとなるのだろう。もっとも、金曜日、中国株は、同国の4月の貿易統計が弱い結果となったことで、景気刺激策への期待感から大幅高となっている。このため、「噂で買われて、事実で売られる」可能性もある。前週末の米株高とあいまって、高寄りはするのだろうが、買いが終日続くかは微妙だ。

・薬の効き目は
しかし、いますぐどうこうとは思わないのだが、いずれこういった利下げなどの、景気刺激先も効かなくなるのだろう。FRBが利上げに動きだしてから、本当に危うくなると思っている。まぁ、来年以降の話にはなると思う。弾けないバブルもなかったし、バブルをソフトランディングさせた中銀も、いまだかつてない。とりあえずは、今回の中国の利下げ効果がどのくらい続くのは、注意深くみておきたい。かつての日銀の円売り介入と同じで、強い薬も、だんだん、その効力が短く、そして弱くなっていく。

 

※当記事の内容は、執筆者の個人的な意見、見解であり、エイチスクエア株式会社としての見解ではありません。

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 暑さが厳しい折ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 為替市場は、ドル円がレンジからよう…
  2. きょうの雑感も、きのうラジオ日経さん向けに書いたものに加筆したものです。以下本文。 トランプさ…
  3. トランプ爆弾炸裂って感じでしたね。欧州の関係者が先日、貿易の紛争は結局、最後は通貨戦争になると述べて…
  4. マーケットコメント-テクニカル分析 20日、続落。上下にヒゲを形成し、実体の狭い陰線を形成して終了…
  5. マーケットコメント-マーケット情報 20日、続落。人民元安がきっかけとなり一時大幅安となるも下げ渋…
  6. きょうの戦略$/¥=112.60円(7月20日) TSR : 112円60銭 本日の予想レンジ …

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook