☆ドル円12年半ぶりの高値、気になる東京市場での買い

スポンサーリンク

28日の東京外為市場では、ドル円が2007年6月22日の高値124.14円を上抜き、124.26円前後まで上昇、2002年12月6日以来、12年半ぶりの高値を付けた。上値のメドだが、節目の125円、2002年12月5日の高値125.69円、同年6月13日高値125.90円あたりが意識される。もっとも上げ続ける相場もない。きょうの上げが終わりの始まりかも・・・。

・NY勢の買い
しかし、20日に約2か月続いた118-120円台のレンジブレークをしてから、1週間で125円が視野に入るとは、スピードが速い。メディアでは、アナリスト達がいろいろ理由づけをして、130円、135円だと言っているが、取引をしている立場からみれば、ラジオでも述べたように、何も変わっていない。このところ、円ショートを外し、余裕資金がいっぱいのNY勢が頑張って買っているだけだ。彼らが円売りの仕掛けてきたことについては、21日に書いた「ドル円121円台突入だが・・・、NY勢の買いは続くのか」でふれているので、ご覧いただければと思う。NY時間に必ずといっていいほど、ドル円は買われる流れになっている。

・ちょうちん筋は欧州早朝勢
上記したように、NY勢が今回のドル円上昇の主役なのだが、その後、欧州勢もドル買い参戦をしている。値動きを細かく追っていただければわかるが、日本株市場が引ける数分前や引け直後に仕掛けてくることが頻繁にある。買い本尊がNY勢、ちょうちん筋が欧州早朝勢といったところだ。

・本邦勢参戦は終わりの始まりか
 そこに「遅れてなるものか」とおっとり刀を抜いてきたのが、きょうの東京勢だ。18日からのドル・円の上昇場面で、初めて東京時間に水準を引き上げた。これが吉と出るか凶と出るかは、わからない。ただ、欧州勢にしても、NY勢にしても、朝起きて、取引を開始した時の風景がいつもと違う。寝て起きたら利が増えていたので、「ごっつぁんです!」となっても不思議はないだろう。いつ梯子を外されても、不思議はない。本邦勢が、最後に参戦してきて、貧乏くじを引くことが多いのも事実なので、注意はしておきたい。「本邦勢の参戦がクライマックス告げる」なんてことにならないといいが・・・。

 

 


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. ポンドがすごいね。草案合意に近づいているようだ。先週の木曜は1.22前半だったわけだから、600ポイ…
  2. ドル円の参加者は激減している様子。私もたまに見る程度。ポンドが狂い咲きしており、本日も100ポイント…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 15日、大幅続伸。両指数ともにBBの+1σを上回って陽線を形成…
  4. マーケットコメント-マーケットコメント 15日、米中貿易協議の部分合意を受け、景気回復への期待が続…
  5. マーケット・サマリー 先週米中貿易交渉の第一弾が行われたが、当然最終決着に至ったわけではないが…
  6. 米中の部分合意というのは、実際はどうなのだろう。中国サイドから、署名前にさらになる交渉を希望との報道…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2019 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2019 為替手帳 ■為替相場歴44…
  3. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 重版出来! 好評発売中! ■投資家心理が…
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook