☆ユーロの売り越し大幅増加=CFTC建玉明細(16/07/08)

スポンサーリンク

英国のEU離脱以降、1.11ドル台で上値の重い展開が続いるユーロ・ドルだが、年初からの値幅が905ポイントしかない。ユーロより値の小さいオージー・ドルでさえ、1008ポイントあることからも、今年のユーロの値動きの小ささがわかるだろう。そのユーロ・ドルだが、徐々に売りポジションが膨らんでいるようだ。

7月8日に米商品先物取引委員会(CFTC)から発表された建玉明細報告(7月5日現在)によると、シカゴ・ユーロにおける大口投機家のポジションは、3月15日の7万7555枚以来の高水準となる7万5327枚の売り越し。前週の6万1934枚の売り越しから、1万3393枚もの増加となった。
cftceur0709

英国の国民投票前の6月21日時点では、6万1346枚で売り越し、国民投票後の28日時点は上記した6万1934枚の売り越しであり、国民投票の前後では、ほぼ変わらなかった。だが、ここにきて一気に、売り越しに傾いたことが伺える。

詳細をみると、グロスの買いが前回の10万9580枚から11万2011枚に増えた一方、グロスの売りも17万1514枚から18万7338枚に大きく増やした。総建玉も前回の33万7273枚から36万2649枚に急増している。

売り方が、攻勢をかけてきたが、これを見る限り、まだ買い方も踏ん張っており、戦いはまだ続いている。水準的には、1.1000ドルが分水嶺となりそうだ。来週のユーロ・ドルの動きに注目したい。

↓↓↓詳細なCFTC建玉明細は、こちらかご確認ください。↓↓↓
CFTC建玉明細の推移


・CTFC建玉明細とは

米商品先物取引委員会(CFTC)が、毎週金曜日に、米国の先物市場の建玉明細報告を発表します。同報告書で注目されのは、大口投資家(ヘッジファンドや金融機関などの投機的ポジション、ただし大口のヘッジファンドはあまり使わない)のネットポジションです。グロスの買いからグロスの売りを差し引いたものが、プラスなら買い越し、マイナスなら売り越しとなります。それにより、市場の大きな影響力を持つ大口投資家がどのようなスタンスであるのか知ることができます。また、買い越し過大になれば下落、売り越しが過大になれば相場上昇の可能性が高まっていると考えられます。


”大相場の予感” 荒れる2016年の夏相場は、この一冊でリスク管理!
「FOREX NOTE 2016 為替手帳」
好評発売中!
ご購入はこちらから↓↓↓
 FOREX NOTE 2016 為替手帳


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 独社会民主党(SPD)は21日の党大会で、メルケルさんが率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CS…
  2. 米上院がつなぎ予算の採決ができず、米政府機関の一部が4年ぶりに閉鎖となりました。この週末も協議が行わ…
  3. おかしな相場の日だったね。ギクシャクしていて混迷って感じ。メルケルの事もあるし、アメリカの例の政府閉…
  4. マーケットコメント-テクニカル分析 19日、両指数ともに反発し、ボリンジャーバンドの+σ上を維持し…
  5. マーケットコメント-マーケット情報 19日、3日ぶりの反発。小幅高で始まったあと伸び悩み商いも減少…
  6. きょうの戦略$/¥=111.08(1月19日) TSR : 111円08銭 本日の予想レンジ :…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
  2. 理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編-

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編- 好評発売中! ■主要テ…
  3. FXに真摯に向き合う人のための取引専用ノートができました TRADING NOTE 玉帖

    FXに真摯に向き合う人のための取引専用ノートができました TRADING NOTE 玉帖 ■為…
2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook