☆ユーロ売りポジションが大幅増加=CFTC建玉明細(16/07/22)

スポンサーリンク

前週のこの欄で、市場参加者が、徐々に売りに舵を切ってきたようだと、お伝えした。今週のユーロは、下を攻めとはいかなかったが、上値が重いだけでなく、上値を削り始めた。NYクローズでみると、一度も1.11ドル台で引けることはなかった。これまでも述べたように、ユーロは、年初からの値幅が905ポイントしかなく、下半期に大きく動き出す可能性を秘めている。

そのユーロ・ドルだが、前週に続き売り圧力を強めている。

7月22日に米商品先物取引委員会(CFTC)から発表された建玉明細報告(7月19日現在)によると、シカゴ・ユーロにおける大口投機家のポジションは、1月26日の12万7215枚以来の高水準となる9万9891枚の売り越しとなった。前週の8万7660枚の売り越しから、1万2231枚もの増加となった。
eur_cftc0722

詳細をみると、グロスの買いが前回の10万7635枚から11万1578に増加、グロスの売りは19万5295枚から21万1469に大幅に増加している。総建玉も前回の37万0372枚から38万8905枚に増えている。

グロスの買いが増加しているところをみると、買い方もまだやる気満々だが、それ以上に売り方が攻勢を強めている。どちらかが、撤退となれば、大きく動くだろう。

なお、21日のECB理事会で、ドラギECB総裁は、下ぶれリスクに言及し、9月の追加緩和の可能性を残している。BOEは、ポンド安政策は不可避とみられ、ECBも防衛措置として、緩和政策を強化することになるとみる。

詳細なCFTC建玉明細は、こちらかご確認ください。→CFTC建玉明細の推移


・CTFC建玉明細とは

米商品先物取引委員会(CFTC)が、毎週金曜日に、米国の先物市場の建玉明細報告を発表します。同報告書で注目されのは、大口投資家(ヘッジファンドや金融機関などの投機的ポジション、ただし大口のヘッジファンドはあまり使わない)のネットポジションです。グロスの買いからグロスの売りを差し引いたものが、プラスなら買い越し、マイナスなら売り越しとなります。それにより、市場の大きな影響力を持つ大口投資家がどのようなスタンスであるのか知ることができます。また、買い越し過大になれば下落、売り越しが過大になれば相場上昇の可能性が高まっていると考えられます。


”大相場の予感” 荒れる2016年の夏相場は、この一冊でリスク管理!
「FOREX NOTE 2016 為替手帳」
好評発売中!
ご購入はこちらから↓↓↓
 FOREX NOTE 2016 為替手帳


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. きょうの戦略$/¥=111.95円(10月16日) TSR : 111円95銭 本日の予想レンジ…
  2. 昨日のこの欄で、東京の早朝に注目と書いたが、動いたのは株式市場だった。株式市場の動きに為替が追随した…
  3. 東京は、株式市場と為替市場と全く違った受け取り方になった。今のところ、株式市場の杞憂が正しかったとな…
  4. マーケット・サマリー  好調な米経済指標、米長期金利のさらなる上昇機運、米中の貿易戦争など、世…
  5. きょうの戦略$/¥=112.20円(10月15日) TSR : 112円20銭 本日の予想レンジ…
  6. 週末に、ムニューシン財務長官が、日米通商交渉に「為替条項」を盛り込む意向との報道もあった。これを受け…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. チャート分析のバイブル チャートの鬼・改

    チャート分析のバイブル チャートの鬼・改 2018年6月14日発売! 好評発売中! …
  2. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2018 株式手帳 20…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2018 為替手帳 ■為替相場歴43…
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook