☆今宵は雇用統計・・・だけじゃない、OPEC総会にも注目

スポンサーリンク

ユーロの値動きが激しいですね。独債の動きが荒いですし、ボラティリティの上昇を各国中銀が容認する発言が出てきているのも気になります。このあたりは、また考えてみたいと思います。さて、今夜ですが、注目の米雇用統計があります。これについては、様々なところで予想が出ていますし、蓋を開けてみないとわからないことも多いので、結果をみてから次の手を考えてみたいと思います。

・減産は見送りか
さて、きょうは米雇用統計だけでなく、OPEC総会も開催されます。中長期的に考えると、今回の総会は、金融市場に非常に重要な意味をもっていると考えています(OPEC総会は原則6月と12月の年2回しかないですしね)。事前予想では、生産目標は現行の日量3000万バレルに据え置かれるとみられています。原油価格自体は、前回総会の昨年11月27日の66ドル台より、低い水準(4日現在58ドル台)にあるのですが、42ドルまで下げてから一時62ドル台に戻すなど、トレンド自体は上昇トレンドにあるとみられるためです。また、今回の総会で20年近くOPECの中心的存在であったサウジアラビア・ヌアイミ石油相が退任するとみられているため、前回の決定を踏襲する可能性が高いためです。

・経済制裁解除後のイランは。。。
生産目標の据え置き自体は、昨年11月の時に比べると、サプライズはないと思うのですが、注目したいのはイランについて言及があるかです。イランは核開発に関連した経済制裁を受けていますが、夏以降にこれが解除される可能性が高いです。そうなったときに、イランからの原油大量供給に対して、今回の総会で対策が出てくるのか注目されます。もし、対策が出てこないようだと、原油需給が緩み→原油価格下落→世界的なインフレ率低下→景気減速観測→株価下落→米国の利上げも後ずれ? などといったシナリオも出てくるでしょう。景気減速が意識されると、さらなる緩和政策、さらに大量にばら撒かれたお金が、何だかの理由で逆流を起こすことも十分に考えられ、マーケットがさらに荒れることが予想されます。すぐにそうなるわけではないのですが、火種がまた一つ増えたと認識しておいた方がいいかと思います。


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 25日、3日ぶりの反発となったものの日経平均は25日MA上を回…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 25日、米国株の反発が支えとなり、東京市場も3日ぶりの反発で終…
  3. さすがに昨日は、ドル買いがやや鈍った。ユーロドルは、すでに250ポイント以上下落している。過去の取引…
  4. 本日もNYはドル買い。とりあえず、8合目、9合目くらいまで行ってしまっている通貨もあるのだが、市場は…
  5. ナスダックが3.02%下落、大きく下げましたね。テスラの「バッテリーデー」も失望売りが出てようですし…
  6. NYは連日のドル円買い。レンジに押し込めたいのだろうかね。ユーロは1.16台に沈んだもののロングの見…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook