堀内昭利-本日の注目点(9月1日夜)

スポンサーリンク

堀内昭利-本日の注目点(9月1日夜)

株価の乱高下が収まらないね。眺めていても辟易する。年金、大丈夫だろうね?私が懸念するのは、年金の存在があまりにも囃し立てられたからなのだ。派手な門出だったわけで、あまり宜しくない。鯨は砂浜に打ち上げられると弱い。国債一辺倒というのもいびつなので、資産構成の見直しは仕方ないだろう。

身近の食品の値段が高すぎるし、安保で騒がしいし、株も落ちるとなるとアベッチの将来も暗雲漂うとなってしまうね。対抗馬がいないというのもすごいけど。

さて、円安回帰論もあっという間に潰されているが、予断を許さない。そのうち、120円以下が当然という事になるだろう。豪ドルの沈下が止まらない。大底をつけた動きとなっていない。当局の誘導もやりすぎると市場は勝手に走り出すものだ。(9月1日夜。)

「父の肖像」 辻井喬著。新潮社。( 上・下 )。私は読むのが速い。通読ができる。だが、この本には時間がすごくかかった。通読させてくれないのである。辻井喬は、西武セゾンの堤清二氏の事であるが、西武王国を築き上げた父・堤康次郎氏の事を書いた著作である。当然ながら清二氏本人も下巻では頻繁に出てくる。この人の文章は美しい。一字一句読まないとならないような気分にさせられる。読書好きには堪らない本である。

堤康次郎氏の破天荒ぶりもすごい。日本の傑物と言えよう。そして、詩人、小説家としての清二氏もすごいと思うのである。西武王国の崩壊を改めて調べると、この一族、血族、では結末は致し方なしと思わせる。なんともおかしな気分になる。清二氏の経営者としての資質には疑問符があったようだが、この本を読めば、彼にあまりそんな気もなかったのがわかる。2年前に亡くなったが、久しぶりに読書をしたという感動がある。座布団5枚。

堀内昭利-本日の注目点


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、世界同時株安となっている。主導しているのは、米株だ。昨日のダ…
  2. 日銀がモタモタしているうちに、米連銀の方が先手を打ちそうで、弱ったもんだ。ドル全面安になっている。米…
  3. 2020/2/27

    ご都合主義
    新型コロナウイルスの感染拡大から、株式市場は大きく売り込まれている。その割には、ドル円の下げが限定的…
  4. 今の円安は、トヨタの儲けが増えたなんて昔みたいな事を言っている人たちもいるが、弱くなっている個人消費…
  5. マーケット・サマリー 海外では、コロナウィルスの世界的な感染拡大傾向への不安を反映して、各国の…
  6. 今週は、ドル円が久しぶりに大きく動きました。19日は174ポイントの値幅がでましたが、これは昨年8月…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2020 株式手帳 20…
  2. 為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020

    為替トレーダーのための卓上カレンダー FOREX CALENDAR 2020 ■為替トレーダー…
  3. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2020 為替手帳 ■為替相場歴45…
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook