投資用語集:【お】

【お】
「お」メニューに戻る
追い証拠金 おいしょうこきん
価格の変動により、未決済契約(建玉)について計算上の差損が発生し、それが当初納めた委託本証拠金の2分の1以上になり、取引を継続するための担保不足となった場合に、追加で納めなければならない証拠金のこと。正式には委託迫証拠金、略して「おいしよう」と言う。
【参】委託本証拠金(いたくほんしょうこきん)
「お」メニューに戻る
追証責め おいしょうぜめ
自己の予想と違う方向へ価格が動き、当初納めた証拠金では不足となり、それでも決済に踏み切れずに追加の証拠金を納めることを繰り返すこと。俗に「追証責めにあう」と言う。
「お」メニューに戻る
近江筋 おうみすじ
中心人物は、東京穀物商品取引所の元会員でもあった仲位商事社長の中田厚氏。仲位商事の前の会社名が近江洋行であったことから、近江筋と呼ばれている。仲位商事設立以前、伊藤忠商事系列の商品取引会社、松商事で人絹糸市場の場立ちをしていた折り、ホクレンと直結するチャンスをつかんだと言われており、1993年には、小豆相場で50億円儲けた相場師として、雑誌「フォーカス」にも紹介された。しかし、1994年に巨額脱税の疑いで、東京地検に逮捕され、東穀取の会員からも除名処分となった。ただ、大口委託者として現在も市場を賑わしている。
「お」メニューに戻る
大上放れ、大下放れは相場につけ おおうわばなれ、おおしたばなれはそうばにつけ
価格が小さな幅で上下動を続けた後、上下どちらかに大きく振れたときは、価格の方向が決定したものと考えて、その流れに従うのがよいという意味の格言。
「お」メニューに戻る
オークション
せり売り。競売。
「お」メニューに戻る
大相場 おおそうば
価格の高騰が続き、市場の収引の規模が大きくなること。
「お」メニューに戻る
大台 おおだい
100円、1,000円、10,000円など、節目となる価格水準のこと。
「お」メニューに戻る
大手 おおて
大量に売買し、価格決定に影響力を持っている投資家、あるいは取引所の会員を指す。
「お」メニューに戻る
オーディナリー大豆 おーでぃなりーだいず
米国産黄大豆で、いわゆるIOM大豆と言われる食品用大豆以外の普通大豆のこと。
【Syudy】製油原料大豆として年間300万トン以上も輸入されている。
【参】IOM大豆
「お」メニューに戻る
大天井 おおてんじょう
ある一定期間内で一番高い値段を付けたところ指す。
【反】大底(おおぞこ)
「お」メニューに戻る
大引け おおびけ
1日の最後の取引を言う。
【Study】午前の取引を前場(ぜんば)、午後の取引を後場(ごば)と言い、それぞれの最後の取引を引けと言うが、後場の引けは,日の最後の取引であり、一般に大引けと言う。
「お」メニューに戻る
おかめザヤ
サヤとは値段の差のことだが、ここでいうおかめザヤは先限と期近のものが高く期中のものが安いこと。
【参】サヤ、限月(げんげつ)
【反】天狗ザヤ
「お」メニューに戻る
押しは空まで おしはくうまで
価格水準が以前とはかけ離れて高くなったとき、チャート上で「空(くう)をつけた」と言うが、その後の一時的な下げ(押し)は空の水準までという意味の格言。下げたところを買いたい場合の目安として用いられる。
「お」メニューに戻る
押し目 おしめ
上昇基調にある価格が一時的に下がったところ。またはその値段。
【Study】一時的に下がった安値を狙って買うことを押し目貿い、押し目拾い、押し目すくいと言う。
「お」メニューに戻る
押し目待ちに押し目なし おしめまちにおしめなし
上昇基調にある価格が一時的に下がったところを買おうとして待っても(押し目待ちをしても)予想外に価格が上昇し、結局買うチャンスが巡ってこないことが往々にしてあることを表したことわざ。
「お」メニューに戻る
オシレーター
①ラリー・ウイリアムズ考案による%Rオシレーターのこと。任意のn日間の最高値から当日の終値を引き、それをn日間の最高値から再安値のを引いたもので割って、100をかける。Oに近いと「買われすぎ」、100に近いと「売られすぎ」。商品先物取引では計算対象期間としては20日間がよく用いられる。
②オシレーター系分析の総称。価格変動によるチャート上のジグザグの動きを分析するための手法のこと。
「お」メニューに戻る
押す おす
価格が下がること。
【類】下押す
「お」メニューに戻る
遅霜 おそしも
霜の時期が過ぎてから霜が降りること。
【Study】北半球で作られる農産物は、春(4~6月)は作付けや初期の生育期にあたる。この時期に霜が降ることは少ないが、異常低温などで箱が降り農作物に多大な打撃を与
えることがある。遅霜の被害が大きいと農作物の価格は上昇する。
【参】早霜(はやじも)、晩霜(ばんそう)
「お」メニューに戻る
落ち おち
①反対売買(買っていた場合は売り、売っていた場合は買い)を行い取り引きを決済すること。
②ある限月が決済期限(納会)を迎え、取引対象外となったときを「納会落ち」と言う。
「お」メニューに戻る
オッパ取引 おっぱとりひき
取引所の代わりにブローカーが問に入って取引を成立させる商人問の取り引きのこと。通常の先物取引のように取引の担保となる証拠金は納めない。近年はあまり利用されていない。
「お」メニューに戻る
帯広筋 おびひろすじ
中心人物は、タツル総業社長の鈴木樹(たつる)氏。近年の小豆相場における仕手の代表格。北海道では、常に高額所得者番付に顔を出す。期近買いの期先売りなどによる玉締め戦法を得意とする。
「お」メニューに戻る
オファー
①買い付け方法の一種。現物を扱う当業者と商社なとの間でで買い付けの契約を行い、商社は生産者から責任を持って買い付け、当業者に商品を納めること。
②①の取引を行う際の生産者の売り希望価格のこと。
③マーケット・メーカーが買い値(bid)と同時にに提示する売り値(ask)の別称。
「お」メニューに戻る
オプション取引 おぷしょんとりひき
一定の期間(権利行使期間)内に、先物などの原資産を特定の価格(権利行使価格)で買う権利(コール・オプション)、または売る権利(プット・オプション)を現時点で売買する取引。
オプション取引だけが存在することはなく、必ず、現物か先物の原市場を背景に持つ。
「お」メニューに戻る
重い おもい
価格が上昇しない状態が続いている様子。
【例】頭重い商状。
「お」メニューに戻る
思惑 おもわく
①思うところ。意図。考え。
②値動きに対する見込みのこと。
【Study】価格の上昇を見込んで買うことを「思惑買い」、反対に下落を見込んで売ることを「思惑売り」と言う。
「お」メニューに戻る
親引け おやびけ
決済用に引き渡す商品を準備していた投資家(売り方)が、決済日(納会日)に価格が下がったために買戻して利益を確定させること。
「お」メニューに戻る
織り込む おりこむ
価格は需給関係などさまざまな要因で変動する。その要因を価格変動が先取りすること。価格はさまざまな要因を先取りするため、ある要因が発表されたときに値段はあまり変動しないことがある。これを織り込み済みと言う。
「お」メニューに戻る
終値 おわりね
最後に決定された値段のこと。1日の最後、1週間の最後など。
【参】始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)
「お」メニューに戻る
eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. 日経平均は史上初の15連騰となった。さすがに、きょうはと思っていたが、安寄り後、下げ幅を縮小している…
  2. きょうの戦略$/¥=113.70(10月24日) TSR : 113円70銭 本日の予想レン…
  3. マーケットコメント-テクニカル分析 23日、日経平均は史上初の15連騰、値幅も伴い+2σを突破して…
  4. マーケットコメント-マーケット情報 23日、日経平均株価は15連騰で新記録達成、TOPIXも11連…
  5. 閑古鳥だが、ドル全面高と先週後半と同じ展開。ダウは、本日も晴天なり。こんな調子では、皆、株に走って、…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2017 株式手帳

    いざ目覚めよ!株式トレーダー! INVESTORS HANDBOOK 2017 株式手帳 20…
  2. 100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2017 為替手帳

    100%為替トレーダーのための手帳 FOREX NOTE 2017 為替手帳 ■為替相場歴41…
  3. 理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編-

    理論武装で相場に挑め! 目からウロコの外国為替-チャート編- 好評発売中! ■主要テ…
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook