FRBが注目するPCEデフレーター

スポンサーリンク

日本時間30日21時30分に5月の米個人所得・支出が発表されます。大方の予想では、個人所得が前月比0.5%増、個人支出が同0.4%増、PCE価格指数が前年比6.4%上昇、PCEコア価格指数が前月比0.4%上昇、前年比4.8%上昇となっています。

PCEデフレーターが予想を上回った場合は、FRBの利上げ観測が一段と強まり、ドルの押し上げ材料となりそうです。

◆米個人所得・支出(Personal Income and Outlays)とは

米個人所得・支出とは、米商務省経済分析局(BEA:Bureau of Economic Analysis)が米国の個人の所得や消費について調査したもので、景気関連の経済指標です。

個人所得は、賃金・給与、賃貸収入、利子・配当金、政府からの移転収支などから社会保険料を控除したあとの個人が実際に受け取った金額です。一般的に、個人所得が高い時期は雇用環境も良好とみられ、雇用統計との連動性が高いと言われています。

個人支出は、自動車や家電製品などの耐久財支出、食品や衣料などの非耐久財支出、旅行や外食などのサービス支出の3つで構成されています。

また、同時に可処分所得や貯蓄率、個人が消費した財・サービスの物価動向を調査した個人消費支出(PCE:Personal Consumption Expenditures)デフレーターなども発表されます。なお、PCEコアデフレーターは、米消費者物価指数(CPI)より調査対象が広いこともあり、米連邦準備制度理事会(FRB)が最も重要視している物価指標です。

 

貯蓄するよりも消費した方が経済も回るといった論理からアメリカ人は貯蓄が苦手と言われますが、経済を支える底力となる貯蓄の動向を測ることが出来る数少ない指標の一つでもあります。ただ、人々の貯蓄を正確に記録したデータはなく、すべての国民の所得合計から消費の合計を差し引く方法で算出されています。所得金額、消費金額とも概算であるため、貯蓄率の水準ではなく、傾向を見ることで消費者の心理を知ることが出来ます。貯蓄が増加傾向ならば経済に不安を持っている人々が多く、貯蓄が減ってきたら人々は楽観的にお金を使っていると考えられています。

発表元:https://www.bea.gov/
リリース日:https://www.bea.gov/news/schedule


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、続落、日経平均は+1σを下回り、TOPIXは一時200…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 10日、先物主導で売られ、日経平均、TOPIXともに続落となる…
  3. 今夜は注目の7月の米消費者物価指数の発表です。予想は以下の通りです。 米7月消費者物価指数 …
  4. 日本時間10日21時30分に7月の米消費者物価指数が発表されます。CPI総合の大方の予想は、前月比0…
  5. TSR:134円95銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:134円60銭-135円60銭(ドルレンジ…
  6. よくわからない冴えない相場が続いている。ドル円は、134と135の繰り返し。今日は、ユーロが強い。オ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook