NZは6会合連続での利上げ予想

スポンサーリンク

日本時間13日にニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)は金融政策委員会(MPC)を開催し、11時に政策金利が発表されます。大方の予想では、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレート(OCR)を現行の2.00%から0.50%引き上げ、2.50%と6会合連続で利上げを行うことが見込まれています。

5月のMPCでは、政策金利を1.50%から2.00%を引き上げ、5会合連続の利上げを決定しました。NZ中銀は声明で、「CPI上昇率が目標レンジ内に収まると確信できる水準まで利上げを続ける」とし、追加利上げを示唆しています。

NZの2022年第2四半期消費者物価指数は18日に発表されます。現時点での大方の予想は、前月比2.0%上昇、前年比7.1%上昇と、前年比ベースでは1990年第2四半期に記録した7.6%上昇以来、最大の伸び幅になることが見込まれています。

なお、前回の会合では四半期に一度の政策金利見通しが公表され、2月時点から政策金利のピーク水準が前倒しされました。なお、政策金利は23年9月に3.95%へ上昇したあと、24年6月に3.89%、24年12月に3.74%、25年6月に3.51%へ下がるとの見通しが示されています。

◆ニュージーランド政策金利とは

ニュージーランド準備銀行が年7回(6~7週ごと)開催する金融政策委員会で決定する政策金利です。政策金利の対象は、市中銀行の翌日物金利であるオフィシャル・キャッシュレート(Official Cash Rate)になります。

発表元:https://www.rbnz.govt.nz/
リリース日:https://www.rbnz.govt.nz/events


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、続落、日経平均は+1σを下回り、TOPIXは一時200…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 10日、先物主導で売られ、日経平均、TOPIXともに続落となる…
  3. 今夜は注目の7月の米消費者物価指数の発表です。予想は以下の通りです。 米7月消費者物価指数 …
  4. 日本時間10日21時30分に7月の米消費者物価指数が発表されます。CPI総合の大方の予想は、前月比0…
  5. TSR:134円95銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:134円60銭-135円60銭(ドルレンジ…
  6. よくわからない冴えない相場が続いている。ドル円は、134と135の繰り返し。今日は、ユーロが強い。オ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook