第2四半期米GDPをみるうえで米小売売上高に注目

スポンサーリンク

日本時間15日21時30分に6月の米小売売上高が発表されます。大方の予想では、前月比0.8%増と改善する見通しです。変動の大きい自動車を除いたコア指数は同0.6%増となっています。

ただ、大手金融機関による6月のクレジットカードの利用額のデータからは、6月の小売売上高が低調になる可能性が示唆されていると報道されています。また、米ガソリン価格は軟化傾向にありますが、6月に過去最高(全米自動車協会の平均ガソリン価格5.01ドル)を記録していますので、予想よりも下振れした場合は、景気減速への懸念が意識されやすくなりそうです。

◆米小売売上高(Retail Trade and Food Services)の見方は…

GDPの約7割を個人消費が占める米国において、個人消費のトレンドを把握することができるため、米小売売上高は非常に重要な指標と言われています。百貨店やスーパーなどの小売業の売上高を、無作為に抽出した約5,000社を対象としたサンプル調査に基づき、米商務省調査局(U.S. Bureau of the Census)が推計・発表しています。

総合指数や変動の大きい自動車を除いたコア指数、項目別では自動車や電気製品、建設資材、ガソリンスタンド、総合小売店などの前月比と前年比、実額が発表されます。また、調査する対象は耐久財と非耐久財に⼤別され、GDPの個人消費支出の算出に使われているコア指数が注目されます。

実際に調査した⽉から2週間後に発表されるため、速報性が高く、景気の先⾏指標として捉えられます。小売売上高が前月比で増加すると、個人消費は堅調と判断できます。一方、前月比で減少すると、個人消費が落ち込んでいると判断されます。また、例年1⽉に発表される数値には、前年のクリスマス商戦の結果が反映され、最も消費が旺盛な時期の米国の消費者マインドをみるために特に注目が集まります。10⽉に発表される数値には、米国の学校の新学期である9⽉の情勢が反映されています。

ただ、月ごとの変動が大きいため、トレンドの見極めが難しく、修正が大きくなる場合もあります。また、インフレ率を調整していないため、投資判断が難しいとする見方もあります。

発表元:https://www.census.gov/
リリース日:https://www.census.gov/econcards/calendar-listview.html


スポンサーリンク

関連記事

eワラント証券
書店様向けご案内
為替手帳ing データサイト

おすすめ記事

  1. マーケットコメント-テクニカル分析 10日、続落、日経平均は+1σを下回り、TOPIXは一時200…
  2. マーケットコメント-マーケット情報 10日、先物主導で売られ、日経平均、TOPIXともに続落となる…
  3. 今夜は注目の7月の米消費者物価指数の発表です。予想は以下の通りです。 米7月消費者物価指数 …
  4. 日本時間10日21時30分に7月の米消費者物価指数が発表されます。CPI総合の大方の予想は、前月比0…
  5. TSR:134円95銭 本日のUSD/JPY予想レンジ:134円60銭-135円60銭(ドルレンジ…
  6. よくわからない冴えない相場が続いている。ドル円は、134と135の繰り返し。今日は、ユーロが強い。オ…

【ボリ平】3万円からのFX投資生活

  1. 12連騰あたりから、ドキドキしていましたがついに歴史的な大相場がやってきました。 週明け東京市場で…
  2. forexnoteでもおなじみの国際テクニカルアナリスト:福永博之さんの番組 「ザ・スマート・トレ…

エイチスクエア書籍

  1. 堀内昭利-本日の注目点(6月28日)

    東京売り気配。欧米買いの図式がこの日も示現。そんなわけで、ガンガンと円安が進んだけど途中から、ドル全…
  2. INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳  好評発売中!!

    INVESTORS HANDBOOK 2022 株式手帳 好評発売中!! ◆いざ…
  3. FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!!

    FOREX NOTE 2022 為替手帳 好評発売中!! ◆100%為替トレーダーのための手帳 …
2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

QRコード

ページ上部へ戻る
Visit Us On TwitterVisit Us On Facebook